YAZIUP CLUB会員募集中

モノを処分する前にモノに感謝の意を伝えてみる。すると・・・?

  • 2017/08/11
  • ライフスタイル
  • 46view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ショッピング
  • 生活
  • 生活習慣
  • 買い物

モノにも「ありがとう」の一声を

モノにも「ありがとう」の一声を
リサイクルショップやオークションやメルカリなどのおかげで要らないモノは処分しやすくなってくれています。
あまり使わなかったモノ、最近は御無沙汰になってしまったモノなどは処分するのは問題ありませんが、最後にもう一度使ってみましょう。
その時に手を合わせ感謝をしましょう。
そうして「ありがとうございました」などと念じてみればどこかスッキリと手離せます。
良く使っていた頃を思い出しながら、どれだけ役に立ってくれたのか、思いを巡らすと気持ちよく処分出来ます。
でもそうでもなく買ってはみたけれど、ほとんど使わなかった参考書などにはとても申し訳なくて「ありがとう」とは言いづらいです。
そんな時は「ごめんなさい」とでも言っておきましょう。
一言、声掛けをするだけで随分、心が晴れやかになれるでしょう。

 

モノに感謝するだけでスッキリする

モノに感謝するだけでスッキリする
・モノに感謝すると物が減る
モノを大事に思う気持ちを前面に出す行動を起こしていると、埋もれたままのモノが気の毒になってしまいます。
そこであらためて引っ張り出して利用するか、そんな価値も無くなった、もうほとんど使う場面は想定出来ないと思ったら処分してあげるべきだとも思えます。
まだまだ実用に耐えられるモノもたくさんあるでしょう。
それならばリサイクルショップに持ち込むなりオークションに出したりも気軽に出来るようになります。
捨てると思うともったいない事のようにしか思えませんが、それは「ありがとう」と言う事とイコールであれば率先してしたくなるのは不思議なものです。
かねてから処分すると心が痛むからとなかなか進めなかった断捨離への階段も一気に駆け上がったりするかもしれません。

・モノに感謝すると衝動買いが減る
店頭で目を奪われ衝動買いをしてそのままタンスに飾っているだけの洋服などあったりしませんか。
これでは買われたモノの方も納得いかないでしょう。
全く残念な買われ方をされたものです。
モノに感謝さえしていれば、そのような事には極力ならないようなショッピングをするようにもなります。
それは大切に使ってあげられるかどうか、モノの立場になって考えるようになるからです。
こうして無駄遣いをして部屋のスペースを狭くするような愚行からも解放されるのです。

 

モノへの思いは人にも通じる

モノへの思いは人にも通じる
モノを処分する時に「ありがとう」と言っていると、人が亡くなった時にも「ありがとう」と言えます。
それは家族であれば当たり前ではありますが、全く知らない他人であってもどこか感謝して見送れる気分になれます。
それはあらゆる周囲の人に対しての尊敬の念へと変わりますので、人を見る目も変わってくるのです。
世の中、それほど自分に対して危害を加えようとする人などいないものです。
自分の心の中にある思い込みが被害者意識を高めているようなところもあるのです。
モノを大事に思う事で、何を言われても「感謝、感謝」くらいのゆったりした受け止め方も出来るようになるかもしれません。
人とモノを同様に扱える訳ではありませんが、モノの扱いを通じて人の扱いも学べることになるのです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ショッピング
  • 生活
  • 生活習慣
  • 買い物

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ