記事制作方針ガイドライン

タイムズカープラスはレンタカーを超えるか?

  • 2017/07/29
  • ライフスタイル
  • 40view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ライフスタイル
  • 暮らし
  • 生活習慣

15分単位のカーシェア

若者の自動車離れが進むといわれている中、従来のレンタカーとは異なる時間貸しの車が人気です。コインパーキング大手のパーク24グループであるタイムズ24が展開するタイムズカープラスがそれで、主にタイムズの駐車場の一角で運用されています。
15分単位のカーシェア

タイムズカープラスは、15分単位で利用することができるため、数時間まとめての料金がかかる従来のレンタカーより無駄なく使えるのが特徴です。この料金面では、100円レンタカーがありますが、あちらはあくまでもレンタカーである点が異なります。では、カーシェアリングシステムであるタイムズカープラスの何がレンタカーと違うのかを確認します。

レンタカーは、車を置いてある店舗へ出向いて対面で借り受けます。これに対し、タイムズカープラスでは、会員資格のある者がパソコンやスマホでネット予約して車のある駐車場へ向かいます。ちなみに、入会時には会員カード発行手数料だけかかります。また、個人と家族会員は月額1030円がかかりますが、同額の無料利用枠があるため、月に75分利用すれば元が取れます。利用料金は、国産の一般的な普通車で15分206円です。長時間利用の場合は割安なパックもあります。

さて、車があるのは無人の駐車場であり、係員などと接触することがありません。その状況でどのように車を動かすのかが気になります。カギはどうするのかという問題が一番に思い浮かびます。
カギはどうするのかという問題が一番

 

会員カードでドアロック解除

自分が借りる車のそばまで行ったら、車に取り付けられている読み取り装置に向かって会員カードをかざします。これで車のロックが解除されて乗り込むことができます。次に、グローブボックスなどに収納されているキーを取り出して車を動かします。車内では音声ガイダンスが流れるため、初めて利用する場合でも戸惑うことは少ないでしょう。

あとは、必要な時間利用するだけです。レンタカーでは満タン返却など給油の問題がありますが、こちらも給油は必要です。但し、燃料が半分程度になった場合に車内に置いてある専用カードで行うだけです。用事が終われば、元の駐車場へ戻すわけですが、このときも勿論無人です。レンタカーのように、係員との対面でのやりとりが面倒だというオヤジにはありがたいサービスでしょう。難点は、一部を除いてレンタカーのように乗り捨てができないことです。無人運用だから致し方ないことですが。

気軽にちょっとだけ利用したいオヤジには便利なタイムズカープラス
さて、気軽にちょっとだけ利用したいオヤジには便利なタイムズカープラスですが、誰もが利用できるほどには至っていません。全国津々浦々に同様のサービスがあればうれしいですが、採算が取れないような田舎では導入される望みは薄い可能性があります。そうすると、田舎では車を買うかレンタカーを借りるか、限定されたサークル内のカーシェアを利用するかとなります。

しかし、レンタカーを借りるにしても駅前まで行かないと営業所がない田舎オヤジにとっては、老後のことを考えてもこうしたサービスの拡大が望まれます。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ライフスタイル
  • 暮らし
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ