YAZIUP CLUB会員募集中

お中元って何で送るの?今更聞けないお中元の意味や由来

  • 2017/07/26
  • ライフスタイル・娯楽
  • 38view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • プレゼント
  • 季節
  • 日本
  • 暮らし
  • 歴史
  • 生活習慣

お中元は日本の由緒ある習慣

お中元は日本の由緒ある習慣

物心ついた頃からこの時期になると大人同士で贈り物を交換していたものです。
お中元と言ってすっかり馴染み深いものですが、なぜお中元と言うのかなどその由来はおそらく誰もが知らないままではないでしょうか。
いつも決まったように同じくらいの金額の物をただやり取りするだけで、なんだか面倒なだけと思えなくもありません。
毎年欠かさずやってはいるが、誰も教えてくれなかったそれだけの価値、お中元についての知識をここで得てみましょう。
理解を深めれば改めてその歴史の深さと存在価値を見直してお中元に励む事の大切さも知ることになるでしょう。

 

お中元とは

お中元の由来とは

中国の道教に由来する年中行事に三元と言うのがあります。
それぞれを上元、中元、下元と呼んでいるのです。
旧暦の1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元としています。
このうち中元の日は、地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)と言う罪を免じてくれる神様の誕生日に当たるのです。
ですから、元は罪を償ってもらう日だったのです。
中国では中元の日には合わせて「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言う祖先の霊を供養する行事を行っていました。
これが現在の日本での盆になっています。
この時の風習に盆で来訪してくれた方へのお礼の品を贈っていたのがお中元の始まりになったようです。
日本人は人間関係を大切にする傾向にありますので、この習慣が広く浸透しこれまで継続しているのです。
広く庶民が行うようになったのは江戸時代からで、それまでは貴族等の風習であったようです。
江戸時代から庶民でも盆に親戚や知人が出入りするようになったからとも言われています。
やがて明治時代の後半からその範囲も日頃からお世話になっている人にも広がる様になっていったのです。

・時期
旧暦の7月15日は新暦では8月15日ですが、実際にはもっと早い時期にお中元を贈っています。
8月15日は盆に当たりますので、この時は先祖の霊を供養するのに集中したいものです。
そこで7月中にお中元を済ませてしまうのが一般的になっているようです。
これが盆より後になると後回しにされたようで失礼ではないかと早めに済ませられているのです。
地方によっては盆の時期が違っている事もありますが、それでもやはり盆とは被らないようにしています。
元々は同じ時期にしていたのが、その目的の違いから枝分かれしていったのが現状です。
もしも忙しくてうっかりタイミングを逃してしまった場合は、暑中見舞い、残暑見舞いとしてリカバリーする事も可能になります。

 

現代のお中元

現代のお中元

日頃からお世話になっている人だけでもなく、実際には疎遠になっている人にも贈ったりしています。
そろそろこの人には止めてしまおうかと思うのが悩ましかったりもします。
それでも年賀状のようにお互い「元気にやっています、感謝は忘れてません」と言うメッセージが形になって表れるのがメリットです。
今年はどんな品を贈ってくれるのか、それもまた楽しみにしていれば贈る楽しさもまた湧いてくるでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • プレゼント
  • 季節
  • 日本
  • 暮らし
  • 歴史
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ