記事制作方針ガイドライン

雨の日、安全運転すれば人物が磨ける

  • 2017/06/13
  • ライフスタイル
  • 40view
  • YAZIUP運営
タグ

雨が降ったら基本、車で外には出ない

基本的に雨が降ったら車で外には出ない方がよい

いよいよ本格的な雨シーズンの到来です。
車を日常運転する人にとっては毎年の事ではありますが、面倒なシーズンでもあります。
たとえ運転しなくても雨が降るだけで車のメンテナンス上も良くありません。
雨水が下回りを叩き散らしますので錆の原因にもなりパーツの劣化は避けられません。
ところが逆に傘をさして出かける方が面倒だと思う人が多いため、実際には車の交通量が増えてしまっています。
これに合わせてしまうと事故のリスクにさらされるだけでなく、渋滞で時間もかかるばかりでそんなに得をする事もありません。

 

雨の日の特徴

雨の日の運転で考えられる危険

・視界の悪化
自分だけでなく通行者全員の視界が落ちますので、どうしても不測の事故も起きやすくなります。
ですから基本、雨の日は車を運転しないのが無難な方針です。
それでも運転せざるを得ない時は、細心の注意が望まれるものとして車に乗り込みましょう。

・前が見えなくなる
外気との温度差も発生しやすくなりフロントガラスが急に真っ白になる場合もあります。
そこで慌ててエアコンの温度や風向きを調整したり外気を導入したりとバタバタした経験もあるでしょう。
ですがその前にする事は徐行なのです。
場所によっては路肩に寄せて一旦停止もありです。

 

雨の日はスピードを落としてキョロキョロする

雨の日の運転方法

雨の日はスリップをしやすくなりますが、スリップをするかもしれないようなスピードは最初から出さない事です。
周囲が自分に気付かないケースもありますので、思い込みを止めてキョロキョロしながら危険を察知していきましょう。
スピードを出して追い越しするのがいかに虚しい努力なのか実感できるのが雨の日の運転です。
前を走行妨害でもしているかのようなノロノロした車が走っていてそれに付いていても、到着時間にはほとんど変化の無い事も良くわかります。
ノロノロの良さを実感したからと言って人間もノロノロではいけませんが、コツコツの良さは実感出来るはずです。

 

安全運転で人間が育つ

雨の日の運転は石橋をたたいて渡る

まさに石橋を叩いて渡れる人物を作るのに雨の日の運転は最高の機会ともなります。
安全安心な人間となれれば、いろいろと良い事があります。
もう中年になればいきなり大きな成功を望むのではなく、コツコツと成果を挙げられる人物を目指すべきでしょう。

・女性が引き寄せられる
女性は安全が大好きですので、安定した男性のところに近寄りたがります。

・仕事も上手く行く
仕事においても大きな成功をしようと言うのではなく、無難に成果を出せるようになります。

・株で大損しなくなる
株をやっても思い通りの値動きと逆に動いた場合、速やかにロスカットして大怪我をせずに済むでしょう。
それこそが株で儲ける絶対条件なのです。
以上の様に安全運転には漏れなく大きな特典が付いてくるのです。
楽観してチャレンジして失敗してもやり直しの利く時間も減っているのが中年です。
そういう感覚を車の運転で成長させる事も出来る訳です。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ