記事制作方針ガイドライン

リア充を偽装するサミシイ?人たち

  • 2017/05/20
  • ライフスタイル
  • 34view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • SNS
  • ビジネス
  • フェイスブック
  • 仕事
  • 教育

友達派遣という新しいビジネス

世の中には変わった商売がたくさんあります。人材派遣といえば、一般的な仕事をする人を派遣するイメージがありますが、法律上の区分は別にして、こんなものまであるのかと感心することがあります。そのひとつが、関係者派遣サービスとでも呼ぶビジネスモデルです。けっこう前から存在するのが、結婚式・披露宴への友人役や同僚役などの派遣です。

友達派遣という新しいビジネス

一世一代の挙式・披露宴で友人の出席者が少ないのは悲しい…。そんなときに便利なのが、友人役をやってくれる人です。バレルかバレナイかは別にして、気持ちはわかりますし、TPO的にも許容できないこともない範囲でしょう。

ところが、最近の流行は「SNSでリア充をアピールするため」の代役利用だといわれています。おかしな時代になったものだと思うオヤジは時代遅れなのでしょうか。

あなたの友人のフェイスブックなどに「会社帰りに同僚と居酒屋で飲んでます!」とメッセージや写真がアップされるわけですが、それがホンモノである保証はありません。時間いくらで雇った「友人役」の業者かも知れないのです。但し、おかしいと思っても指摘してはいけません。それが武士の情けというものです。

時間いくらで雇った「友人役」の業者

 

本当にサミシイ人かイベントを楽しむ人か

こうしたサービスを利用する動機を考えたとき、2つの理由が考えられます。ひとつは、一緒に飲みに行くような友人知人がいない人で、周囲の人間に対して充実振りをアピールすることで現実から逃れようとしているか、悪い評価を受けたくないというもの。もうひとつは、一緒に出かける友人はいるけど、こういう代役を使った体験を一種のイベントととして楽しむというものです。

ただ、どちらにも共通して言えることはSNSなどの道具に依存している可能性です。道具やシステムは便利に使うべきものであり、使われてはいけないものだったはず。しかし、今日の状況は、使われてしまっている人が少なくありません。もちろん、こうした代役サービスの利用者がすべて当てはまるわけではありませんが、依存が原因になっている部分も無視はできないでしょう。

そもそも、ネットツールで充実振りをアピールする必要性がどこにあるのか?ここから考えていかないといけません。大人から子供まで、ネット依存が止まらない社会になってしまってはどうにもなりません。LINEを使っていないと仲間に入れないなどということがあってはならないのです。これは、LINEに限らずLINEがどうこうではなく、利用者側の問題です。メールが普及したころから続く問題(返信が遅い!という不満)と根っこは同じですが、より進化している分だけ影響も大きいでしょう。

本当にサミシイ人かイベントを楽しむ人か

オヤジ世代が、電話は迷惑だがメールやLINEは良いなどと言っているようではお先真っ暗です。この考えの背景には、電話やメール・SNSなどの使い方への決め付けがあります。ツールはあくまでもツールであり、使い方は各自が考えるべきものであり、臨機応変にできないのが問題だと言う本質を忘れてしまったとき、生き辛い社会が出来上がる危険があります。こうした面の教育に力を入れる必要を感じるオヤジも少なくないでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • SNS
  • ビジネス
  • フェイスブック
  • 仕事
  • 教育

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

          ロットンダで

          人気カテゴリランキング

          ページTOPへ
          ページTOPへ