記事制作方針ガイドライン

肩の力を抜いてパフォーマンスをアップさせるコツ

  • 2017/05/14
  • ライフスタイル
  • 27view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • スキルアップ
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 成功術

頑張っていない男が成功している

頑張っていない男が成功している

自分は一生懸命頑張っているのに少しもいい事が無いとお嘆きの男性諸氏も多いでしょう。
それなのに「あんなに飄々とした奴がなんであんなに仕事の評価も高くて女の子にもモテているのか」などと思う度に沈んでしまいがちです。
そこに基本的な間違いがあります。
スポーツ選手を見ればよくわかりますが、成績の良い選手は確かに飄々としたものでしょう。
無駄に力んでしまっては普段出来るはずのプレイもミスしてしまうのは頭の上でもわかるはずです。
でも、実際にはどうしても変に頑張ってしまってつまらないミスを繰り返すのはもういい加減止めにしましょう。
垢抜けた雰囲気で爽やかにベストパフォーマンスが出来るのが大人の男性と言うものでしょう。
何をどうしたらそんなカッコいい男性になれるのか、そのコツを紹介します。

 

 

非真面目人間になる

非真面目人間になる

真面目であるのは大切ですが、そもそも日本人は真面目過ぎです。
サッカーの大事な試合でシュートがゴールの枠に飛ばないのもそういうメンタル的な問題が指摘されています。
しっかりやろうとせずに普通にすれば入るはずの得点が生まれないのは損な話でしかありません。
完璧にこなそうとする気持ちがミスを誘発しているのでしょう。
80点で上等だと言うくらいで良いのですが、それを周囲の環境が許さない場合もあるでしょう。
上司からあらぬプレッシャーをかけられるとそれに応えるべくガツガツ取り組んでしまいがちにもなるでしょう。
そこで手を抜いている素振りでも見せるとたちまち何と言われるかもわかりません。
ここにベストパフォーマンスへの大きな壁が立ちはだかっているとも言えます。
そこは役者になりましょう。
頑張っているフリをするのです。
中年にもなればそれくらいのテクニックは出来て然るべきなのです。

 

 

高望みをしない

貫禄も余裕もある中年は適齢期

人生一度しかない、高い目標を持って邁進しようなどとしてはいけません。
人間には人それぞれに能力というものがあります。
それは鍛えれば思う以上に発揮できることだってたくさんあるでしょうが、それにしてもいきなり期待は出来ません。
かえって出来ない自分に意味も無く焦ったりして余計に落ち込んだりする原因にだってなるのです。
これも周囲の人間に尻を叩かれる場合もあるでしょうが、基本はマイペースであることです。
それが出来るのに貫禄も余裕もある中年は適齢期であるとも言えます。

 

 

基本を固める

フィジカルとメンタルは表裏一体

中年でもそれらしくなくまだまだ若者のような男性もいますが、それでは非真面目にする貫禄も余裕も持てません。
そんな男性はもちろんですが、それほどではなくてもまずは身体づくりをすることがすすめられます。
筋肉を付ければそこに強いメンタルが入り込むもので、フィジカルとメンタルは表裏一体のものなのです。
身体ががっちりしてくれば心も落ち着けるようになります。
そこにストレッチも入れて柔らかい身体になろうとすれば、それだけで心も柔らかくなろうとしてくれるものなのです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • スキルアップ
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 会社
  • 成功術

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    ロットンダブースト

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ