記事制作方針ガイドライン

下準備が重要な冬服の収納

  • 2017/05/13
  • ライフスタイル
  • 49view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ファッション
  • 便利グッズ
  • 季節
  • 暮らし

5月中に済ませたい衣替え

5月は衣替えの時期でもありますが、既に冬物や長袖の洋服の収納は済んでいますか?
なにかと忙しいゴールデンウイークが過ぎました。帰省していた方やレジャーを楽しんでいた方は、これから月末にかけて忙しくされるかと思います。そしてこの時期は衣替えの時期でもありますが、既に冬物や長袖の洋服の収納は済んでいますか。結婚されている方のなかには家事は妻に任せているというケースもあるかと思いますが、冬服はかさばりますし、重さもかなりあるので、収納前のクリーニングといった洋服を移動させなければいけないシーンには男性の手があるとありがたいものです。ぜひ、協力し合って、衣替えを進めてください。

 

洋服の収納準備

洋服を収納するとき、今の状態のまま押入れやクローゼットに仕舞い込んではいけません。
洋服を収納するとき、今の状態のまま押入れやクローゼットに仕舞い込んではいけません。すでにコート類はクリーニングが済んでいるかもしれませんが、クリーニング店で被せてもらったビニールは捨てていますか。まだ、そのままの状態で置いてあるのであれば、洋服はビニールから出し、2~3日ほど部屋干しをしておきましょう。服を収納する日は雨の日より晴れの日が良いので、天気予報を確認しながら進めるのがお勧めです。

また、襟付きのシャツやセーターでクリーニングに出していないものがあれば、収納前に出しましょう。シャツは汗ジミが出やすいですし、セーターは虫食いが心配です。クリーニングはドライクリーニングだけではなく、汗抜き処理をお願いしましょう。

クリーニング代や収納の手間、収納スペースを考えたら、捨ててしまった方が経済的な洋服もあります。思い出はあるけれど、来年には着ないかもしれない服やすでに補修が必要な服は写真を撮って捨ててしまいましょう。

 

購入したい収納グッズ

収納グッズも取り揃える必要があります。
収納グッズも取り揃える必要があります。まずは洋服をかけるハンガーですが、男性の洋服の場合、ハンガーの大きさと洋服の肩幅が合っていないことがあります。横幅の長いハンガーは店頭ではなかなか入手できないこともあるので、通販を利用すると便利かと思います。とくに洋服のサイズが3L以上の方であれば、必ず大きめのハンガーを買うようにしてください。

そして、防虫や防湿、消臭グッズも用意してください。これから梅雨の時期も乗り越えないといけないため、服には虫がつきやすくなります。これらのグッズは多岐にわたるため、店頭で探すときには、何店舗か回ってどのような商品があるのかを把握してから購入した方が良いかもしれません。参考までに次のようなグッズがあります。

■防虫グッズ
・衣装ケースやタンスの中に収納した服の上にのせて使うタイプ
・クローゼットの中に吊るして使うタイプ
・クローゼットに収納する洋服に被せて使うタイプ
・防虫機能付きの圧縮袋タイプ

■防湿グッズ
・シート状で衣装ケースや引き出しに敷いたりクローゼットに吊るしたりして使うタイプ
・手のひらサイズで衣装ケースや引き出しの中に入れて使うタイプ
・容器の中に水が溜まるタイプ

■消臭グッズ
・防湿や防虫と一体型のタイプ
・シート状で洋服の間や衣装ケースや引き出しの中に入れて使うタイプ

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ファッション
  • 便利グッズ
  • 季節
  • 暮らし

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ