記事制作方針ガイドライン

理屈ではないこと、考えてはいけないこと

  • 2017/05/08
  • ライフスタイル
  • 45view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 生活習慣
  • スポーツ
  • ライフスタイル
  • 生活
  • 生活習慣
  • 社会

孤高の2人の対談は、内容も孤高だった

落合博満氏とイチロー氏の対談にて

ずいぶん昔のことになりますが「ナンバー」という月刊のスポーツ誌に、落合博満氏とイチロー氏の対談が掲載されていました。
方や三冠王を3度、方や日米通算3,000本、もう2人とも説明の必要がないほど実績は充分の打撃の天才です。この2人の対談ですから、まあどんな内容となっているのか、ワクワクしながらページをめくったのですが、まあ、すごかった。何の話をしているのか、全く理解できないのです。

例えば、ボールを打つときの肘の使い方について、これだけで延々と見開き2ページ。
2人の話している内容が高度すぎるのか、読んでいる方の知識や経験が足らないのか……というか天才同士の会話、それも言語化しにくい体の使い方についてなど、誰が理解できたのか、そっちの方に興味が移るほど、難解な内容でした。

 

例えば、上体が突っ込むという話

さてプロ野球が開幕してしばらく経ち、日々熱戦が繰り広げられているのです。そして中継では、当然のように解説者が技術的な話をしているのですが、あれもかなり高度な内容が混じります。
「打球の際に上体が突っ込みがち」、調子を落としている打者を指摘する際に、よく用いられる短いフレーズ。しかし、これ、よく考えるとわかりにくい。

上体が突っ込むから「目線がぶれてインパクトの際にバットの芯に当たらない」のか「体の回転軸がブレることで、強い打球を放つことができない」のか、わからない。
でも、現役時には超一流のプレイヤーだった解説者の多くは、そんなフレーズを簡単に使うのです。

 

理屈じゃないんだぞ、そんなことは!!

体に刷り込まれていることは理屈じゃない

その辺を野球経験者に聞くと、単に調子が悪いから上体が突っ込むのであって、状態が突っ込まないように意識しながらスイングをすると、打撃の状態が上がるのだ。という返事が返ってきました。
それを改善するには繰り返しの練習しかない、体に正しいスイングを覚え込ませるしかないというのです。
しかし、なぜ、上体が突っ込まないスイングが正しいかについては、野球経験者いわく「知らないし、教えられたこともない」とのこと。
当たり前のこととして、幼いころからずっと体に刷り込まれているので、体が覚えているし、理屈じゃないんだよ! とのことでした。

 

リトルリーグですら、やっていること

理屈ではどうしようもないレベルの技術を身に付けないと、話にならない。

まあ、落合氏とイチロー氏との対談の例は特殊すぎるとしても、プロ野球の連中だけでなく、リトルリーグの子どもたちですら、それだけハイレベルな世界で闘っているということです。
上体が突っ込んだらダメなのかを理解ができないから、正しい打撃ができないというわけではないですし、逆も同じ。
熱い鍋ブタを触った瞬間に手が引っ込む、条件反射と同じように、バットを振るときには上体が突っ込まないということを、体に覚え込ませるしかないのでしょう。

 

理屈で考えるクセは時として、牙をむく

今日朝、手に荷物を持ったまま喫煙をしていた所、突然便意に襲われました。
昨日飲みすぎたのが行けなかったのかとか、手に持った荷物をどこに置くのが正しいのかとか、火の付いたタバコをどこに置くのが正解かとか、色々な思いが逡巡し、一瞬の迷いが出てしまい、まあ下着を少々汚す結果となりました。

これは、バッティングの際に上体を突っ込まないというのと同じで、体に覚え込ませるしかないこと。理屈などどうでもいいのです。便意に襲われたときには、反射的にトイレに向かうしかない、というただそれだけのことなのですが、一瞬迷っただけで致命的な結果が待っていました。

 

体で覚えなければいけないこと

体で覚えなければいけないこと

まあ、非常に卑近すぎる例で申し訳ないとは思うのですが、体で覚えるというのはそういうことなのだ、と実感した次第です。
40年以上クソをし続けているにも関わらず、しばしば失敗するのはなぜなのか? 下らない理屈を考えてしまったからいけなかった。
理屈ではないことは世の中に多数あることを、体でもって思い知った、朝のひとときでした。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • スポーツ
  • ライフスタイル
  • 生活
  • 生活習慣
  • 社会

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
記事制作方針ガイドライン
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ