記事制作方針ガイドライン

ストレス社会を乗り切るために!耐性を高めよう

  • 2017/04/06
  • ライフスタイル
  • 58view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ストレス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 対策
  • 生活習慣
  • 社会

ストレス社会に抗うために

現代日本はストレス社会と呼ばれており、何かとストレスが溜まりやすい状況にあります。
ストレスというのはただイライラするというだけのものではなく、時には病気の原因にもなる危険性を有しています。
現代日本はストレス社会と呼ばれており、何かとストレスが溜まりやすい状況にあります。
ストレスに負けないためにも耐性を付け、社会の荒波を乗り切っていきましょう。

 

規則正しい生活をする

体が弱っている時というのはストレスへの耐性も弱まっており、いつも以上にダメージとなります。
また不摂生な生活をしていれば体はどんどん弱くなっていき、ストレスに付け込まれやすくなります。
そうならないよう体調管理には日頃から気をつけ、睡眠も十分な時間を確保しておくようにしましょう。
規則正しい生活をしておけば、ストレスやさまざまな病気を予防することが出来ます。

 

完璧を求めるのを止める

仕事でもプライベートでも何でも、完璧を求めようとしている人もいるのではないでしょうか。
完璧に出来るに越したことはないのかもしれませんが、そのような完璧主義というのはイライラを募らせる原因になります。
完璧主義の人はもう少し余裕を持ち、そのハードルを下げてみませんか?
そうすることでストレス耐性を身に付けることが出来ますし、もう少し楽に生きることが出来ます。

 

意見をどんどん発信する

仕事のことなど意見があればどんどん発信し、積極性を持つようにしましょう。
言いたいことがあるのに言えない。
そんな状況に置かれたことは誰もがあると思いますが、しかしあまりにその機会が多いとストレスを募らせる要因になります。
仕事のことなど意見があればどんどん発信し、積極性を持つようにしましょう。
そうすればストレスを減らすことが出来ますし、社内での評価も上がる可能性があります。

 

自己評価を見直す

自己評価の低い人は、ストレスに弱いと言われています。
悲観的にならずにもっと自信を持って、減点方式では加点方式で自己評価の見直しを行いましょう。
それでもどうしても自信が持てないという人は、外見や仕事など何でも良いのでスキルアップをして、自信の裏付けとなるだけの根拠を持ちましょう。

 

何でも抱え込まないようにする

何でも自分のせいと抱え込んでしまう人も、ストレス耐性が低い傾向にあります。
時には自分のせいではないと開き直るような、ある程度の適当さを持ちましょう。
また悩み事があれば友人やカウンセラーに相談をし、1人で解決をしようと頑張り過ぎないようにしましょう。

 

「良い人」を止める

他人から「良い人」と思われたい。
その思いが強すぎて忙しいのに頼まれた同僚の仕事を手伝ったり、行きたくもない遊びの誘いに乗るなど無理をし過ぎている人もいるのではないでしょうか。
しかしそうした無理は、ストレスを溜める原因にもなります。
時には「良い人」を止める勇気も持ちましょう。

 

まとめ

ストレスが多い現代社会ですが、それを予防することは出来ます。
ストレス耐性を高めるには、このような方法が挙げられます。
ストレスが多い現代社会ですが、それを予防することは出来ます。
まだまだ先の長いサラリーマン人生を全うするためにも、ストレスに抗いましょう。

 

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ストレス
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 対策
  • 生活習慣
  • 社会

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ