記事制作方針ガイドライン

6年が経過した3.11のトピック

  • 2017/03/16
  • ライフスタイル
  • 42view
  • YAZIUP運営
タグ

新聞のテレビ欄がネット的手法で応援

2017年3月11日、東日本大震災から6年が経過しました。そして、この日の新聞にちょっとした話題があります。早くからネットのニュースで紹介されていますが、テレビ欄を眺めていると、横ではなく縦に「東北」の文字が見えました。

291497168
実は、午後1時50分からのNHK総合テレビの番組欄に、ネットでは2ちゃんねるなどでおなじみの縦読みの手法が使われていたのです。縦読みとは、横書きの文章の各行の先頭に来る文字を縦に読めば、それが一つの文章になっているというものです。

今回のケースでは、テレビ欄上での番組タイトルが「東日本大震災6年特集」であり、その下に番組内容が書かれています。その9行分と合わせて全部で10行の先頭文字を縦に読むと「東北がんばれ心つなげ」となっているのです。発見されることを確信していたのか、それとも、積極的に知らせたのか、あるいは、気付くも気付かないもそれは読む人次第だと思っていたのか。その辺のところは定かではありませんが、なかなか粋なことをやるもんです。

全国どの新聞でも例外なく縦読みが完成しているかどうかまでは確認していませんが、少なくとも、手元の新聞をはじめとして、ネット上で記事になっている新聞ではちゃんと成立しています。ちなみに、NHK公式サイトの番組表に記載されている番組名称は「特集 明日へ つなげよう」となっています。

この春、避難が解除される人たちがいるなど、震災からの復興も新たな局面を迎えつつあります。しかし、まだまだどうなるかわからない部分が多く残っているのが、地震と津波だけでなく原発事故まで起きてしまった東北の現実です。

259443068

自分にできることをするのが復興支援

こうした文字による応援も復興支援のひとつであることは間違いありません。また、復興支援は目に見えるものだけではなく、自分でできることをすることも助けになります。たとえば、自分の地域で大災害が発生したときに、支援がなくても生きられる時間が長くなるような準備をすることも大切です。こちらに支援が必要となる分、東日本大震災の復興が遅れる可能性がないとは言えないからです。

4月14日には熊本地震から1年が経過します。思えば、阪神淡路大震災の復興も長い年月を要しました。実際には、まだ完全に復興したとはいえない部分があるかも知れません。災害は忘れたころにやってくるといいますが、最近の状況では、忘れることができないうちに次の災害が襲ってくるといっても過言ではないでしょう。

107125178
いま、できることは何か。いま、やらなければいけないことは何か。3.11を迎えたときだけ考えたのでは効果が期待できません。いつということではなく、常に考える必要がありそうです。3.11の各種トピックが、そのきっかけになることは間違いないでしょう。また、オヤジだけでなく、家族全員で、日本全体で考える必要があるでしょう。オヤジとしては、自分と自分の家族の範囲内で可能なことをやっておくこと。これしかないですね。

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ