モノを減らせれば男らしくなるのはなぜか

  • 2016/10/28
  • ライフスタイル
  • 44view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • インターネット
  • ショッピング
  • 生活
  • 生活習慣
  • 買い物
  • 雑学

モノの時代はとっくに過ぎている

398322862

モノからの脱却は、もう何十年も前から叫ばれてきました。
それでも世の中、次々と新製品が登場しています。
消費者を煽るコマーシャルの甲斐もあってか、部屋の中も次々とモノで埋まって行くばかりではないでしょうか。
その中には買ってしばらくは使っていたけれど、そのまま収納棚に収まって数年経過しているモノもあるものです。
そういうモノは決して悪いモノではない、今は使わないけど暇になったり気分が変わればまた使う事もあるのではないかと大事に収納していたりもします。

それにせっかくお金を投じたのだから、もうちょっと使いこなしてしまうまでは捨てる気にもならなかったりもします。
モノに追われてモノに使われてしまうような気分にもなりかねない部屋で暮らしていては、メンタル的にも良くありません。
モノを少なく身軽にすれば、男性的な爽やかさも湧き出たりします。
そのためにはどうするべきか考えてみましょう。

 

まずモノを買わない

375520360

テレビで面白いドラマを見ていると、別に見る気も無いコマーシャルに購買意欲をそそられるモノもあります。
あるいはショッピングをしていて、目に付いたモノにピンと来てそのまま手に取ってレジに並んだりしていませんか?
「あ、これ欲しい」と思ったら、数日間、頭を冷やしてみましょう。
ネットで関連商品や評判などを調べてみたりすると冷静に判断できます。
すると買うのを止める事もあります。
あるいはもっと別の商品を買う場合もありますが、それはよりベターな買い物になるのです。
それなら良いのですが、やたらと買い物をしているとせっかく片付けをしてモノが減ってもまた新たに無駄なモノが室内に登場してしまうのです。

 

モノを買わないための心得

374614351

・買い物ルールを設定する
衝動買いを防ぐには、買い物に一定のルールを設ける事です。
便利なモノ優れたモノは確かにいくらでも販売されています。
大型電器店などを一回りすれば、それは欲しくなるモノだらけの人もいるでしょう。
この「あればあったで便利」と言うモノには、取り合わない事がまず大切です。
つまらない欲張りをしないと言う事でもあります。
それを買わなくてもそのうちそんなモノは忘れてしまって、それでも何の不都合も無いのです。
それでもその便利さの度合いにもよります。
それは使う回数にもよるでしょう。
どの辺りでそのラインを引くのか、それがそれぞれの買い物ルールとなるのです。

・サービス品は手出し無用
最近の商売は、とりあえず無料のサービス品がやたらと目立つようになっています。
タダなら構わないと、何でも欲しくなりそうです。
別に要らないモノでも気にもしないでとりあえず取り込んでしまうのです。
使わなければ捨てるのも気が楽と思っているのです。
でもそうやっていったん室内に入れると、これが案外なかなか捨てられなくなるのです。
やがて室内を無駄に圧迫する要因にしかならなくなります。
それがあるがために鬱陶しい部屋を演出してくれるのです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • インターネット
  • ショッピング
  • 生活
  • 生活習慣
  • 買い物
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ