毎日の始まりと終わりの習慣で頭が回転する

  • 2016/10/05
  • ライフスタイル
  • 79view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • テクニック
  • 成功術
  • 生活の知恵
  • 生活習慣
  • 雑学

頭は生活習慣を変えれば良くなる

119234191

会社で「お前は頭が悪過ぎる!」と言われることも、習慣になっている人もいるかもしれません。
それはパワハラかもしれませんが、それでも半分は事実に違いありません。
ですが決してバカなのではありません。
頭のどこが悪いのか、と言うとまずは考えるスピードにあるはずです。
現代では言うまでも無く仕事の評価は、そのほとんどがスピードにあります。
仕事の速い人は、やり直しがあっても速く済みますので問題にもなりにくいのです。

いわゆる回転の速い人、機転の利くタイプになるには、どんな習慣改善をすれば良いものか、触れておきます。
中年の硬い頭でも地道にシコシコ鍛えていれば、知らぬ間に評価もうなぎのぼりとなることでしょう。
それは自分でもはっきり自覚できますので、すればするほど生活に根付いてしまえるものです。
とりあえず簡単に習慣にできそうな頭の良くなる習慣をいくつか、紹介してみます。

 

1日の行動を振り返る

135998561

寝る前に今日1日の行動をぶつぶつ言ってみます。
こういう習慣は、記憶を引き出す力を高めることになります。
その中に失敗したこともあるでしょう。
特にそういう思い出を口に出すことによって記憶にも鮮明に焼き付けられますので再発を防ぐのに効果がありそうです。
どれだけ深刻な結果をもたらしたかも連想されます。
こうして失敗が失敗を呼ぶのではなく、ただの勉強となれば幸いです。
学習能力の高い人物として評価もされるはずです。

 

早寝、時々昼寝

322365770

夕食は一日の中でも最も栄養を摂る食事となります。
ここで胃腸に血液が集中しますので、食後のひとときはくつろぐべきです。
さらにある程度落ち着いたところで入浴タイムとなります。
しっかり疲れを取る入浴をすれば、上がった後も疲れを取るモードは続いているものです。
ここで今日中にあれをこれをと手を広げて、夜中まで灯りをつけてしまう頑張り屋さんも多いものです。

これは脳に無理をかけての仕打ちとなるのです。
そうではなく脳が疲れを取りたがっている時は、すぐに寝てしまうことです。
それは昼寝にも言えます。
いつもいつもできないかもしれませんが、これは取るべきチャンスと思ったら10数分でも取ったらいのです。

 

早起き

224397064

早寝をすれば、翌朝はその分早く起きてしまいます。
出勤時間に迫られて起こされるようなこともありません。
また、いくら休養十分の脳だったとしても起きた直後から急には動けません。
寝起きの状態で出勤しても「朝からぼんやりした奴だ」くらいに思われてしまいます。
休養十分の脳で一日がスタートすれば、嫌でも終日、活発に働きまわってくれるでしょう。

仕事もウォーミングアップが十分済んだ状態で始められます。
まさに「先んずれば人を制す」状態が完成されます。
ついでにエネルギーたっぷりの朝日を浴びましょう。
気分の問題もありますが、確かにやる気ホルモンを分泌させるパワーが朝日にはあるそうです。
早起きすれば、それも余裕で浴びれるのです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • テクニック
  • 成功術
  • 生活の知恵
  • 生活習慣
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ