若い人には必要なくても中年男性には必要な入浴法

  • 2016/09/24
  • ライフスタイル
  • 97view
  • YAZIUP運営
タグ

中年だからこそ風呂に浸かるべき理由

393729127

入浴といえば、多くの方が浴槽を思い浮かべるかと思いますが、普段の入浴方法を聞けば、シャワーの方も少なくありません。とくに夏はシャワーで済ませて、冬は湯船に浸かると気温や気分によって変える方もいるので、一概にシャワー派か湯船派かとは決められないかと思いますが、気温が下がりつつある今の時期であればシャワーを避け湯船に浸かることをお勧めします。

かつて、更年期障害は女性特有の病のように考えられていましたが、今では男性にも更年期障害があることが分かっています。ちょうどヤジアップ世代の方たちが、向き合わなければならない病のひとつなので、いつもの生活の中で更年期障害の予防や改善に繋がる入浴についてご紹介します。

 

更年期障害に必要なリラックスタイム

94195759

更年期障害の症状は、人によって異なりますが、多くの場合は不眠やイライラ、発汗を感じるようです。更年期障害そのものがメンタル面に及ぼす影響も当然ありますが、体の状態が万全でないことからメンタル面に影響が出ることもありますよね。更年期障害かもしれないと感じたら、メンタルケアをしてあげると良いでしょう。

メンタルケアは湯船に浸かることでも可能です。不眠の症状が出ているのであれば、ベッドに入る2時間前に入浴すると良いでしょう。また、リラックス効果を高めるためには、お湯にも一工夫することをお勧めします。

 

もったいない精神で作るオリジナル入浴剤

146844794

お風呂を楽しみリラックス効果を上げるためには入浴剤を使うという方法があります。入浴剤は薬局やコンビニなどでも売られていますが、毎日使うものとしては値段が高めですよね。そこで、活用したいのが、野菜やフルーツの皮と芯などの食べ残し部分です。

例えば、リンゴを食べたら、芯や皮を捨てることになりますが、この捨てる部分をお風呂に入れると、香りや栄養分によって心と体が休まります。リンゴの他には体を温める効果のある生姜や体臭予防が期待できる柿の葉、ダイエットに効果のあるレモンも良いでしょう。いずれもリラックス効果があります。

 

効率的なお風呂の入り方

112635434

お風呂好きな方は、30分、1時間と1回の入浴時間が長い傾向になります。また、湯船に浸りながらスマホを操作したり漫画を読んでいたりする人も無意識のうちに入浴時間が長くありがちです。

理想的な入浴時間は20分です。秋から冬にかけてはお湯の温度を40度以上にすることもあるかと思いますが、例え10分でも体に負担をかけてしまうので、温度設定は40度未満にしてください。ヤジアップ世代の方は熱いお湯には注意が必要です。

 

お風呂に入ると疲れる?

36804238

シャワー派の人の中には、入浴後の疲労感が気になる方もいるかと思います。疲労回復に役立つといわれている入浴なのになぜか疲れる。このような方は体を壊している可能性もありますが、実は疲れに敏感になっているだけかもしれません。本来、入浴はエネルギーを消費する行為です。ですから、ある程度は疲れますし、その疲れが眠りに導くのです。

体に病気がなければ、入浴時の疲れはある程度慣れます。お湯の温度と入浴時間に気を付けてバスタイムを楽しんでくださいね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ