「いかにもオジさん」イメージダウンする原因2つ

  • 2016/09/22
  • ライフスタイル
  • 97view
  • YAZIUP運営
タグ

自分では気付きにくい自分のオジさん化

351017879

男性はオジさん臭いと年不相応にまでオジさんとして扱われがちです。
それはある意味、貫禄が付いて他人の目線を気にしなくなったという成長の証でもあります。
でもまだ若いつもりでも、人にはオジさんとしか扱いようの無い振る舞いと言うものがあるのです。
一見、若々しいのにも関わらず、ふと「どっこいしょ」と漏らしただけで一気にオジさん扱いされた人は多いはずです。

そのような振る舞いは、他にいくつもあります。
それは元々の見た目上の問題はあります。
デブでハゲで顔色もどんよりしていれば、間違いなくオジさん扱いです。
でもこれは初対面の時からオジさん扱いをされるでしょう。
そこにオジさんらしいいでたちや振る舞いをしたところで、サプライズはありません。
いかにも当然ですので、かえって目立たなくて済むのです。
でもそうとは思いもしなかった結構イケてそうな男性ですと、がっくりさせられるものなのです。
ここでは、それをもたらすファッションと行動のセンスの無さの2大原因について触れておきましょう。

 

ファッションセンスからわかるオジさん度

377893453

普段は職場で高級スーツをびしっと決めていて、それは年齢こそ感じられますが相応に締まって見えるものです。
それがいったんカジュアルになるとイケてる中年でなく、全然オジさんに変貌してしまうケースがあります。

・ジャージやスウェットがやたらと好き
普段はスーツの疲れを取るのに、ジャージやスウェットは最適です。
でも、そのまま街歩きにも出かけたりしていては全く恐れを知らないとしか思えません。
ファッションの落差はほどほどにしないと、女性の相手にはされません。
人目の前なりのファッションをするべきでしょう。

・いかにも若作りしている
オジさんはオジさんらしくしていることの方が若く見えることになっていたりするのです。
若く見せようと言う気持ちがありありのファッションは、気の毒にしか見えません。
その若いファッションが、その人がオジさんであることを知らしめているだけになります。
それにどうしてもなんだか落ち着かない様子も見え隠れして、さらにきついものです。

 

ふとしたタイミングに起こしてしまう行動

272765885

ここに挙げる事例は少し年を取っただけでも一つや二つは身に覚えのあるものでしょう。
これらは意識していなければ、やがて当たり前の行動となってしまうもので、ますます矯正することは難しくなります。

・洗面に行って戻ってきながら、ハンカチを使わず服の裾や髪などで手を拭いている。
・あまり大して面白くもないのに、手を叩きながら笑う、どうしてそんなに受けているのか笑いのポイントが違う。
・自慢話が長い、若い時の話を誇大化しているのが見え見えです。
・くしゃみが凄い「ぇっ、へえーいっくしょいっ!」さらに「ちくしょうがぁ」となぜか怒り出す。
・ところかまわず合席メンバーも気にせず、おしぼりで顔を拭いてほっとため息をつく。
・人と食事中でもおかまいなく普通にゲップをする。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ