体をブヨブヨに見せるむくみの改善術

  • 2016/07/19
  • ライフスタイル
  • 77view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康管理
  • 健康食品
  • 暮らし
  • 食べ物
  • 食事

塩分とむくみの関係

351439058

健康的な体の人であっても、塩分を摂り過ぎると体がむくみますが、その理由をご存知でしょうか。

塩分とは、いわゆる塩化ナトリウム(NaCl)のことです。塩化ナトリウムを摂り過ぎると血液中のナトリウム濃度が上がり、これを下げるために水分を取り込みます。このようなとき、私たちは喉の渇きを感じ、水分補給をしますが、塩化ナトリウムが排出されるまで数日かかるため、日常的に塩分を摂り過ぎている人であれば、いつまで経っても状態が改善されず、体がむくむのです。

この状態は見た目が悪いだけではなく、体内の老廃物が排出されていない証拠でもあるので、早めの対処が必要です。

 

 

ナトリウムとカリウムのバランス

322923848

ナトリウムを効率良く排出するためには、カリウムの力が必要です。

カリウムの1日の目安量は2500mgですが、お味噌汁やラーメン、梅干しなど塩分濃度の高いものを好まれる人であれば、3500mgを上限に摂ると良いでしょう。

例えば、アボカドは1個で約700mg、里芋は小さいサイズのもので約100mg、牛乳はコップ1杯で約300mgのカリウムを摂ることができます。また、スイカであれば少量でもカリウムをしっかり摂ることができるので夏にはお勧めです。

 

 

塩分断食で強制排出

73385656

塩分は、塩や味噌、醤油といった調味料に含まれるほか、肉や魚、海藻にも含まれています。そこで、本格的に塩分の排出を促すのであれば、3日間を限度として、これらを一切食べないという方法もあります。

この方法を実施するときのポイントは、いつもより多めに水分補給をして、体内の巡りを良くすることです。また、家族と同居されている人であれば、まずは家族の理解を得ることが大切です。塩分断食用のメニューを別に作るのは手間になりますし、予告なく始めてしまうと、用意された食事を食べられなくなるので、無駄になってしまいます。もちろん、ひとり暮らしであれば、自炊することになるので、こちらも準備が必要です。

塩分断食をすれば、むくみが引き、血圧が下がることで体調が改善されることもありますが、短期間に繰り返し行ったり、体の機能が著しく低下したりしているときに行うのは危険ですので、体調には十分注意してください。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 健康管理
  • 健康食品
  • 暮らし
  • 食べ物
  • 食事

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ