慢性的な「不安」の原因は「嫌なことから逃げている」から?

  • 2016/06/28
  • ライフスタイル
  • 136view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ストレス
  • ライフスタイル
  • 暮らし
  • 生活
  • 生活習慣
  • 雑学

多くの人が嫌なことを先送りしている

350953472

人間は一日で数百回の「決断」をしていると言われており、これら、人間が何かを決めるために必要なエネルギーのことを「ウィルパワー」と呼びます。もちろん、人生を左右する様な重要な決断だけとは限らず、「玄関を出て空が曇っていた場合に傘を持って出かけるべきかどうか」や「お昼のランチは何にするか」など、些細なものを含めると膨大な数となります。

そのなかで、一日のうち「これはそのうち考えよう」「今は考えない様にしよう」と、先送りした問題もいくつかあるはずです。

 

先送りのデメリットは「無意識のブレーキ」が加わること

367134389

「先送りしがちな問題」とは、例えば「滞納している税金の清算方法」や、「こじれてしばらく経った人間関係」「夏までに痩せるために決めたものの、忙しくてずっとやっていないトレーニング」そなどがこれにあたります。そしてこの「無意識に先送りした問題」は、決して消えることはありません。

もちろん、「嫌な事」からの現実逃避は誰にでもあることですが、先送りにしたモヤモヤが不安となって、「潜在意識にブレーキをかけてしまう」リスクがあることを知っておくべきです。「歯を治すために歯医者へ行かなければ」という問題を先送りしたために、ずっと異性に対して積極的になれなかったりしている自分に気付くこともあるでしょう。こうした「先送りのデメリット」はいくつもあります。

 

嫌な事と向き合うには「すぐ対応する」か「自問自答」

198936455

繰り返しになりますが、「嫌な事からの回避」は解決になりません。解決策は、すぐに対応することです。金銭的な問題を含むものやアイデアを要するもの以外は、「こうすればいいと分かっているけどできない」だけのケースが多いものです。例えば、「約束を破ったまま放置しそれ以来音信不通にしている相手がいる」というモヤモヤに対しては、「すぐに連絡して詫びる」だけです。日常生活で、ふと「そういえば、アレをそろそろ何とかしなきゃな」と頭をよぎることがあるはずですが、その瞬間が「問題と向き合う」チャンスと言えます。

 

慢性的な不安に対して出した自分の結論を書き出しておく

396074542

さらにお勧めの方法は、「先送りにしていることリストアップ」です。リストアップをしたら、それに対してそれぞれ、1分以内に思いついた解決策を書き出すことです。その解決策は完璧なものでなくても構いません。「アレに対してはこうすると決めた」という様に、とりあえずでも結論をだしておいてスッキリすることが重要なのです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ストレス
  • ライフスタイル
  • 暮らし
  • 生活
  • 生活習慣
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ