「ジョギング」が無気力の解消になる理由

  • 2016/06/03
  • ライフスタイル
  • 159view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ジョギング
  • ストレス
  • 心理
  • 有酸素運動
  • 都道府県

ジョギングをする人の動機

96754267

成人男性にとってジョギングは健康にいいということは誰でも知っています。疑う余地もないでしょう。動機も様々で、「走ると爽快だから」「有酸素運動がダイエットにいいと聞いたから」「ただ日課だから」など、人によって続ける理由も異なります。

しかし、誰もが一度はジョギングをしようと試みたものの、続かないのが現実ではないでしょうか。ジョギングが嫌いになった人や、挫折した人の理由は、恐らくその動機にあるのではないでしょうか。中年男性がもジョギングを始めるとしたら、その理由はダントツで「ダイエット」や「健康維持」でしょう。メタボリック腹の解消には有酸素運動が必要と言われているからです。

 

 

目的を動機にしているから挫折する

77359903

しかし、この様に、効果を期待したジョギングが挫折を招く原因とも言えます。ダイエットのために始めたジョギングも、「基礎代謝を上げるために筋トレをした方が有効」「食事を見直せばジョギングをしなくても済む」など、世の中には、もっと楽に痩せられそうな情報が溢れているからです。

すると、「何でここまでしなくてはいけないんだろうか」、「他の方法の方がいいかも」と、ジョギングの苦痛から逃げるための理由を探し始めてしまうのです。もちろん、検討した結果、他の方法で目的が達成できていれば素晴らしいことですが、ダイエットに正解はなく、永久に「新しいやり方」を探し続けては、どれも中途半端に終わってしまうという人が多いのも事実です。

 

 

ダイエット以外の効果に着目することが重要

112330751

では、ジョギングは何のためにすればよいのでしょうか。痩せる必要がなくても、ジョギングが好きな人は沢山います。例えば小学生のころは、意味もなく走り回った記憶があるかと思います。決して「何分間の有酸素運動をした」などと意識もしていないかと思います。それだけ、人間は本来、走ることを本能的に求めているのでしょう。

 

 

神経科学でも証明された走ることが脳にもたらす効果

255318988

走ると、集中力を司る脳の前頭葉や記憶力を司る海馬などにも影響を与えることは知られています。しかも、メンタル面でも「悲しみから立ち直る」効果があることも分ってきました。クリエイティブな思考にも影響するため、まずは走る行為そのものを楽しんでみるという気持ちが大切です。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ジョギング
  • ストレス
  • 心理
  • 有酸素運動
  • 都道府県

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ