一言も喋らせてくれない相手への対処法

  • 2016/05/03
  • ライフスタイル
  • 158view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 生活習慣
  • ビジネス
  • ビジネスマナー
  • ビジネスマン
  • 人間関係
  • 仕事
  • 会社
  • 会話

最低限伝えたいことを予め決めておく

67683715

こちらが話したいことがあると伝えて会っているにもかかわらず、いつの間にか会話の主導権を握られ、結局何も話せなかったということはないでしょうか。活発な男性や、元々話好きな女性がこの様な傾向にあります。

友人でも取引先でも、マシンガントークでこちらに会話させてくれない相手には覚悟して対峙する必要があります。仲のいい友達であれば、「ちょっと俺の話を聞けよ!」とストレートに主張する事もできますが、友人でも年上であったり、上司であったり、取引先であったりすると、なかなかそうはいきません。このモヤモヤを放置しておくと大変なストレスを抱え込むことにもなるため、一刻も早く解消したいものです。

まずは、「今日決めたいこと」「伝えたいこと」の趣旨を、会ったタイミングで最初に伝えておくことです。あった瞬間にマシンガントークを始めるタイプの相手には、メールで伝えておきましょう。

 

 

アジェンダを用意して提示する

331748909

相手を無視してマシンガントークを炸裂させる人は、そもそも予告した「今日の議題」を覚えておく気がないことの方が多いものです。これに対し、アジェンダ(議題リスト)や、「今日質問したいこと」などを印刷して、会話中はずっと提示し続けることをおすすめします。脱線するたびに、アジェンダを見せれば、ある程度の抑止効果になります。また、「この場に使える時間」を「今日は1時間しかありません」などとあらかじめ伝えておくのも効果があります。

それでも、この手のタイプの人に脱線はつきものなので、その都度、「時計をチラ見する」「本題に戻りますが」という行為を多用するとよいでしょう。善意があれば、これだけで本題に戻ることができます。また、こちらが話している途中に割り込んで脱線する相手には「なるほど!その話、すごく興味があるので、改めて後ほど詳しく聞かせてください!」と言い、すぐに話に戻るなどの応酬も必要になります。

 

 

それでも「自分ばかり話す」をやめない人には

115650436

上記の対策をしても、改善が見られないようであれば、「ちょっと確認したいのですが、今日はこれだけの事を決めたいので、今のペースだと一つも進みません」などと、議題を再提示してもよいでしょう。何よりお互いのためです。

または、ストレートに「お互いせっかく時間を割いて会っているのに、毎回自分は伝えたいことの1割も伝える機会がない」ということを赤裸々に伝えるのも効果があります。マンツーマンの会話に、これだけの情熱をもって接してくる相手を軽んじることは、なかなかできるものではないからです。

この記事につけられたタグ

  • 生活習慣
  • ビジネス
  • ビジネスマナー
  • ビジネスマン
  • 人間関係
  • 仕事
  • 会社
  • 会話

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ