座禅が多くのビジネスパーソンに支持されている理由

  • 2016/05/06
  • ライフスタイル
  • 169view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • ビジネスマン
  • メリット
  • 仕事
  • 心理
  • 瞑想
  • 趣味

座禅が今アツい!その理由とは

155036999

今、座禅が非常に流行しています。お寺が行っている座禅会に多くの人が殺到したり、雑誌のプレジデントで座禅が紙面の半分以上を使って取り上げられたりと、その注目度は流行に興味が無い人でも決して無視できないものとなっています。

しかし座禅といえばお寺の僧侶や宗教にハマっている人くらいしかやっていないものとして、多くの人が無縁のものと感じていたはずです。なぜ今座禅が流行しているのでしょうか。

 

 

ビジネスに必要な精神性が養われる

250746604

座禅の基本精神には行住坐臥(ぎょうじゅうざが)というものがあります。これは歩くこと、とどまること、座ること、寝ることを意味していて、生活全般を意味しています。
つまり、座禅というととにかく座っていればいいと思いがちですが、座ることだけではなく、生活全般にアプローチしていきます。それが座禅であり、ひいては禅の基本精神なのです。

禅はアメリカで注目され、逆輸入的に日本で今流行の兆しを見せていますが、なぜアメリカで禅が注目される様になったのかというと、ひとえに禅の精神が生活をシンプルにしてくれるからです。
ただ東洋のオリエンタリズムが奇抜なものとして一時的に流行ったというのではなく、禅が生活にとても役に立つことが分かってきたので、流行しているのです。
つまり、ビジネスパーソンにとって、ひいては生活をしている人全てにとって、座禅を知ることはメリットが高いものとして認知されてきたのです。

 

 

元々座禅はオシャレなものだった?

109929224

アメリカで1960年代から70年代にかけて、ヒッピームーブメントというものが流行しました。それによって、日本でもメディアにかかわる人の多くがヒッピームーブメントによって影響されていました。

その時、日本ではあくまでもファッションや音楽、映画などばかりが注目されていたのですが、アメリカでは禅の精神も密かに流行していたのです。
特にビートニクと呼ばれる、ヒッピームーブメント以前に流行したジャック・ケルアックやウィリアム・バロウズを中心とした文学者の運動では、禅が重要視されていました。
なぜなら、禅の精神はとにかく頑張ってお金を稼ぐ!というアメリカ資本主義精神とは対極に位置するものだったからです。それが反体制・サブカルチャー志向の若者にウケたのです。
ですから、禅はサブカルチャーを志向する人たちにとって、時にはオシャレなものとして扱われていました。禅的な考え方がオシャレという意味合いで、禅は前衛的でオシャレなものとして、アメリカでは密かに流行していたのです。スティーブ・ジョブスが禅にハマっていたのも、元々オシャレなものとして禅が認知されていたことが大きな理由です。

元々禅には人の心を掴む思想や考え方が含まれていたということです。ですから日本でも本格的に認知される機会があれば、多くの人に支持されるのは当然だといえるかもしれません。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • ビジネスマン
  • メリット
  • 仕事
  • 心理
  • 瞑想
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ