一眼レフカメラ入門!単焦点レンズ編

  • 2016/04/24
  • ライフスタイル
  • 198view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • おでかけ
  • カメラ
  • メリット
  • 写真
  • 暮らし
  • 豆知識
  • 趣味

単焦点レンズ選びが一番楽しい!

132021989

一眼レフカメラらしい写真を撮るためには、単焦点レンズを欠かすことはできません。一眼レフカメラらしい写真とは被写体の背景がぼやけているような写真です。例えばポートレートのような写真なのですが、やはりこの写真を撮ることにはまると、本格的に一眼レフカメラの世界へどはまりしていきます。

今回は一眼レフカメラのレンズ選びの中で一番楽しい、単焦点レンズについて語ります!

 

単焦点レンズとは?

271157036

単焦点レンズとは焦点距離が1つだけのレンズのことです。つまり、ズームをすることができないのです。
例えば50mmの単焦点レンズなら50mmでしか使えないのです。ズームが出来るレンズのように、例えば30mm-300mmのように焦点距離を変えることができません。

ズームをするためには自分の足を使って被写体に近づき、被写体を小さくしたいのなら離れるという方法となります。

しかし、描写力の高い写真を撮ることが出来ます。また、自分の足で被写体に近づく癖を養うことが出来ると将来的に構図を意識して撮影する力が高まってきて、より楽しい一眼レフカメラライフを送ることが出来ます!

 

単焦点レンズのメリット

146410247

単焦点レンズのメリットは、明るいレンズであるということです。レンズが明るい、暗いという言葉がありますが、明るいレンズというのはF値が小さいレンズのことです。

F値は、F値が小さければ背景のぼけた写真が撮れやすくなり、大きければ背景まで綺麗に撮ることが出来る数値です。
そして、単焦点レンズはレンズの構造は、ズームなどが出来ない分、単純になっていますのでF値の小さい明るいレンズとなります。

そして、明るいレンズは光を多くカメラ本体へ通すことができるので、夜景や室内の撮影に向いているのです。暗いレンズで夜景などを撮影すると手振れをしたり画質が悪くなったりするのですが、明るいレンズを使用すると手振れがなくなり画質も上がるのです。

ISO感度などいろいろあるのですが、そこまで深く考えなくても、感覚的にわかればいいと思います。
つまり、単焦点レンズのメリットは室内や夜景の撮影に強く、プロのカメラマンのように、背景をぼかした撮影が可能になります。

また、単純な構造のレンズなので比較的に安価な値段で購入することが出来ます。

 

単焦点レンズは何mmがいいのか?

121961872

単焦点レンズは50mmが標準レンズと勧められますが、これはフルサイズ一眼レフの方の標準レンズのmm数になります。
そして、初心者の方が持っているタイプの一眼レフはAPS-Cなので35mmレンズが標準レンズとなります。これがレンズと肉眼の差なく、見たまんまの風景を撮影することが出来るmm数です。

これがレンズ選びで誤解しやすい場所なので、注意が必要です。

参照:明るいレンズとは? | カメラノート
参照:単焦点レンズは一眼レフ初心者にとってレンズキットよりもおすすめなのか? – ログカメラ
参照:一眼レフ初心者におすすめの単焦点レンズ | photo memo

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • おでかけ
  • カメラ
  • メリット
  • 写真
  • 暮らし
  • 豆知識
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ