一眼レフカメラ入門!レンズ選び編

  • 2016/04/20
  • ライフスタイル
  • 133view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • カメラ
  • 写真
  • 趣味

35mm換算とは?

127752719

レンズを購入する際に、必ず頭の上に「?」が出る言葉として35mm換算というものがあります。例えば35mm換算で50mmの画角というものです。なんのこっちゃという話です。
まず、このmm数ですが、これは焦点距離というものです。
そして画角とは撮影画角のことで画角が広ければ写る範囲も広くなり、狭くなれば写る範囲も狭くなります。
それで、焦点距離が変われば撮影画角も変わり、焦点距離の短いレンズ、例えば18mmのレンズほど画角は広くなります。移る範囲が広がり、焦点距離が長いレンズ例えば300mmとかだと被写体が大きくなります。
そして、35mm換算ですが、これはフィルムで撮影していた時の名残です。フィルムで撮影した場合、フィルムのサイズが35mmで決まっていました。そのため、焦点距離が決まればそのまま画角も決まっていたのです。
しかし、現在のデジタルカメラの場合、フィルムで35mmと決まっていた映像素子部分のサイズが千差万別となっているので、焦点距離だけでは現在、画角は決まらないのです。
ただ、画角が決まらないでは問題なので「ASP-C」なら、35mm判で換算し、キャノンなら1.6倍、その他、ニコンやペンタックスなら1.5倍をかけると焦点距離が解るようになります。
例えば、キャノンの50mmレンズの画角は、35mm換算で80mm相当となります。
そこまで細かく考えてもよくわかりませんので、実際に試して慣れていくのがいいかもしれません。

 

 

一眼レフならではの単焦点レンズ

82917379

一眼レフならではの写真が撮りたい場合、単焦点レンズというものの方がいいでしょう。これは一眼レフを購入する人の趣味によるところが大きいのですが、例えば、生まればかりの赤ちゃんを撮影するというのであれば、断然単焦点レンズです。
単焦点レンズの50mmがいいでしょう。この50mmというレンズは人間が目で見る世界に近い風景を撮影することが出来るのです。
生まれたばかりの赤ちゃん記念に撮っておくならば、綺麗に撮影することが出来ます。

 

 

運動会などを撮りたいならズームレンズ

337780676

逆に遠く運動会や発表会を撮影する際は、ズームのできない単焦点レンズでは面白味がないので、55-250mmの遠望ズームレンズを購入した方がいいかもしれません。
運動会などは200mm以上の望遠レンズが望ましいとされています。

 

 

なにはともあれ

271846127

シーンにあわせてレンズを選ぶ楽しみが一眼レフにはあります。赤ちゃんの成長に合わせて買い増しをしていくのもいいでしょう。
レンズはカメラ本体と異なり、財産になりますので、時間をかけて集めたいものです。

引用:ステップアップデジカメ使いこなし教室!
参考:一眼レフ初心者必見!「焦点距離」が驚くほどわかるレンズ選びのツボ | 株式会社
参考:一眼レフカメラ初心者のためのレンズ選び。何mmがいいの?
引用:デジタル一眼レフカメラの基礎知識 – レンズ | Enjoyニコン | ニコンイメージング
参考:一眼レフ初心者が最初に買うならレンズキットではなく単焦点レンズがオススメ!! – ログカメラ

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • カメラ
  • 写真
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ