パッと読める、オトナのためのオススメショート漫画

  • 2016/03/20
  • ライフスタイル
  • 120view
  • YAZIUP運営
タグ

たかが漫画、されど漫画

176604200

漫画は子どもやせいぜい青年が読むもの?、いやいや、オトナが読んでもタメになる、面白い漫画はたくさんあります。
ここでは空いた時間にパッと読める、一話完結やショートストーリーのオススメ漫画をご紹介します。

300512279

 

 

「黄昏流星群」と「人間交差点」

「島耕作」シリーズで知られる弘兼憲史さんの漫画、ここでは二作ご紹介します。
兼弘さんは自身がサラリーマンであったことを生かした、社会に生きる大人たちを描く漫画に定評があり、ここで挙げた「黄昏流星群」と「人間交差点」もそういった色味が強い作品です。

まずは「黄昏流星群」。
こちらは1995年に連載が開始され、今なお連載が続いている人気作です。
主人公となる人物はみな中年から老年のごく一般的な人間で、そこに芽生える小さくも成熟したラブストーリーがメインとなります。
恋愛が主とはいえ、当然内容は少女漫画のようなキラキラしたものではなく、哀愁を伴うような老いらくの恋が描かれます。
好きか嫌いかだけでは語れない、人情話のようなストーリーも多く、思わず考えさせられ涙する話も。
ショートストーリー集なのでちょっとした時間に読むことができます。

一方、「人間交差点」は連載されていたのが1980年代ということもあり、バブル経済などの当時の世相を反映した話が多いのが特徴です。
社会に渦巻く不条理などを描くシリアスな内容なのですが、いつの時代も変わらないであろう核心を突いたような描写も多々あり、共感させられること必至の名作です。

 

参考:黄昏流星群 弘兼憲史 | 高齢社会の生き方

参考:【漫画】厳しい現実がわかる!?おすすめコミック5選【シリアス】 – NAVER まとめ 

 

 

「クレヨンしんちゃん」

今や子ども向けのアニメの代表格となった「クレヨンしんちゃん」。
しかし、アニメは見たことがあっても、漫画を読んだことがあるという人は意外と少ないのではないでしょうか。
クレヨンしんちゃんは、もともとは「漫画アクション」で連載されていたことからも分かるように、青年向けの漫画でした。
青年漫画ということで、特に初期のころの内容はなかなか過激で、それでいて思わず吹き出してしまうような面白い話が多々あります。
つまり、アニメと漫画ではまるでその対象が異なった作品といえるのですが、そここそがクレヨンしんちゃんの良さであると考えることができるかもしれません。
アニメしか見たことがないという人にこそオススメの漫画です。

 

 

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

「週刊少年ジャンプ」にて40年にわたって連載が続いている「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」。
「こち亀」のいい点は、世間の流行りに敏感であるところ。
おじさんになってくると最近巷で何が流行っているのか、だんだん疎くなってくるものですが、こち亀では積極的にジャンル問わず常にホットな話題を取り上げるので、情報源としても重宝する漫画です。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ