いまだからこそ考える懸賞を当てる方法

  • 2016/03/19
  • ライフスタイル
  • 172view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • プレゼント
  • 生活の知恵
  • 趣味

当たったことありますか?

世の中には様々な品物があふれ、それがまた安い値段で売られています。昔は、欲しくても手が出なかったものをゲットするために懸賞に応募する光景があちこちで見られました。

もちろん、いまでも懸賞はあります。ただ、昔ほど「欲しい!」という気持ちが強くないのかも。

でも、懸賞って当たるとうれしいですよね?

226626619

 

 

ネットとデジタル時代の懸賞は当て物

懸賞は当て物。それは間違いありません。しかし、インターネットが普及してテレビではデジタル化により双方向のやりとりまでできるようになっています。

番組の懸賞へ応募するにも、通信かメール、ホームページにアクセス!ってなんですか?
懸賞の楽しみの半分以上をカットした、文字通りの「当て物」に成り下がっています。
サイコロ賭博ですら、サイの目が出るまでの過程があります。賭博はいけませんよ!
それなのに、近頃の懸賞ときたらコンピュータで1か0です。なんてぼやいているのもおやじ世代ですね。

215706805

そこで、いまの時代でも生き残っている昔ながらの懸賞を楽しみましょう。心が落ち着くかも知れません。

 

 

懸賞は公正公平に気を引くことが楽しい

懸賞は応募者全員を平等に扱うのが建前です。実際にもそうでなければいけません。しかし、そこは人間のやることですから、どうしても例外はあるでしょう。懸賞必勝法なんてものまであるくらいです。

公正取引委員会が怒らない範囲で裁量があるのかないのか。それは知りませんが、我々は法に従って応募するまでです。そして、現実に懸賞に当たるケースと当たらないケースでは体感できる応募時の違いがあります。

それは、ズバリ!担当者の目にとまる応募ハガキであるかないかです。昔ながらの懸賞なら、ハガキでの応募を受け付けているでしょう。そこでは、担当者の気を引く策が成功する可能性があります。策を打つ権利は全員に平等です!

 

332111459

 

まず、目立つこと。そして、見やすいこと。そのなかで、好感をもたれること。たとえば、ハガキの背景をしゃれたデザイン風に彩るのです。これの効果は人によって結構あります。
ここまで書いてくれたんなら、当選で良いんじゃないの。と思ってもらうのです。
おやじ世代の実力なら、難しいことではないでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • プレゼント
  • 生活の知恵
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ