記事制作方針ガイドライン

業界の噂話(化粧品業界編)

  • 2016/02/08
  • ライフスタイル
  • 210view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • 仕事
  • 会社
  • 噂話
  • 趣味
  • 雑学

※あくまでも噂です

145428781

このページの読者の皆様方も、それぞれ勤務していらしゃる業界の中で、裏事情的な一種の都市伝説ともいえるような話をそれぞれの業界の中で聞いたことがあるのではないでしょうか。

「事の真偽のほどは分かりかねるが、野次馬的に話を聞くのなら面白い!」ここでは、筆者が実際に見聞きした業界の裏話の一端をお話ししてみます。

ちょっとスキャンダラスだけども、面白い!

ただし先述したとおり事の真偽に関しては全く不明ですので、あくまでも業界に流れている与太話として読んでください。

 

 

ある女優の話

296444204

これは実際にその場に居合わせたという方から筆者が直接耳にした話です。

ある有名な女優さんが、これまた有名な化粧品メーカーのイメージモデルをするに当たって、その製品を試してみたところ、まったく肌に合わず、真っ赤に肌荒れしてしまった。

でも既にイメージモデルは契約してしまっているし、CM撮影のスケジュールも迫っているので何とかしてほしい、と全く別の化粧品メーカーに相談に来ました。

そこできっちりと肌のケアを行い、その女優さんはめでたくCM撮影を無事に終えたのですが、実はその女優さんの美しい肌はそのCMの製品ではなく、まったく別の製品によって作り上げられていた、というお話。

タレントさんがTVでおススメしている商品が必ずしも、そのタレントが実際に使っている商品ではない、というのは頭では分かっているものの、特に化粧品などは、そのタレントや女優の美しさが購入する方々の大きな動機のひとつになっているのは間違いがありません。

わかっているけれど、実際に耳にすると何だか驚いてしまいます。

 

 

化粧品は気分みたいなもの

206204140

化粧品は効果効能を謳う事はできません。実際にそれができるのは医薬品だけで、化粧品が消費者に対して伝えることができるのは「肌をすこやかに保つ」などぼんやりした表現だけです。

これは何もお役所が意地悪をしているわけではなくて、そもそも本当に化粧品に配合されている成分量程度では、お肌に効果といえるほどの変化を表すことができないからです。

化粧品は成分によって配合上限が決められていて、その基準はお肌に影響を与えない程度の量である、のは化粧品業界に所属してる人なら当たり前のように知っている事実です。

だから、よく口コミなどで「使った翌日に効果を実感した!」などは多分に使用者本人による思い込み、あるいは本人でしかわからない僅かな、本当に僅かな変化が表れているのに過ぎないのです。

いかがでしたか。正直、ちょっと書きすぎてしまったかな、という気もしますが……。

ここはひとつ、一種の都市伝説的な話として読んでいただけましたら幸いです。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • 仕事
  • 会社
  • 噂話
  • 趣味
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ