YAZIUP CLUB会員募集中

野球のバッターは3割で一流と言われる理由は?

  • 2017/08/09
  • ライフスタイル
  • 827view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • スポーツ
  • プロ野球
  • 日本
  • 趣味
  • 野球

3割で一流の理由は?

バッターは3割を打てば一流とはどういう意味なのか

バッターは3割を打てば一流。
このような話を聞いたことがある人は多いと思いますが、何もそれがルールとして定められているわけではありません。
あくまでも、そのような意見が多いというだけの話です。
とは言え、そのような説が広まっているのは何かしらの理由があるはず。
そこでここでは、3割バッターが一流と言われている理由を考察したいと思います。

 

4割バッターがいないから

日本プロ野球史上、4割を打った選手は存在しません

日本プロ野球史上、4割を打った選手は存在しません。
これまでの最高打率は1986年にランディ・バースが記録をした.389。
日本では歴代最高のアベレージヒッターと言えるイチローでさえ、4割には届きませんでした。
またメジャーリーグでも1941年ののテッド・ウィリアムズ以来は輩出しておらず、この事からも3割台はバッターの1つの限界値とも言えるでしょう。
この事は、「3割打って一流」という説に大きく関係していると思われます。

 

キリの良い数字だから

3割というのが単純にキリの良い数字だから、というのも理由として挙げられるでしょう。
3割2分打って一流、2割9分打って一流、では収まりが悪くなるのは確かです。

 

打率が重視されているから

3割打って一流とはよく言われますが、バッターのステータスを示す指標は打率だけではありません。
本塁打、打点、出塁率、また最近ではさまざまなセイバーメトリクスも選手の評価に用いられています。
それにも関わらず20本打って一流とか80打点挙げて一流とか、打率以外の一流の基準についてはほとんど聞くことがありません。
打率は高ければ高いほど良いのは確かです。
しかし、.250 20本のバッターが.300 5本のバッターよりも劣っているとは決め付けられません。
シングルヒットだろうとホームランだろうと同じ1安打として計算される打率は、それだけでバッターの全てを計れるほど万能なものさしではないのです。
打率はバッターの確実性を計るためには、優秀な指標です。
しかし、やや過剰なほど重視されている面もあるのではないでしょうか。

 

得点圏打率とは?

通常の打率とは別に計算をされている、得点圏打率。
これはランナーが二塁か三塁もしくはその両方(満塁を含む)にいる得点機での打率のことで、バッターのいわゆる勝負強さを計る指標です。
打率と本塁打の割に打点が多いなぁ・・・という選手は、この得点圏打率が高かったりします。
得点圏打率は必然的に打率よりも打数が少なくなることもあって、1シーズンで4割を超える場合もあります。
ただ、現在の所タイトルは設けられていません。

 

3割ない=一流じゃないとは限らない

3割ない=一流じゃないとは限らない

3割バッターが優れているバッターであることは確かです。
ただそれだけでバッターの全てを評価できるような指標ではありません。
またバッターとしてではなく野手での評価となれば、守備や走塁も欠かすことはできません。
打率が低い選手も、セイバーメトリクスをチェックすれば意外なほどの貢献をしているかも?
そういった選手を探すのも、野球の楽しみ方の1つです。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • スポーツ
  • プロ野球
  • 日本
  • 趣味
  • 野球

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ