記事制作方針ガイドライン

ああ、町に繰り出さなくては、探さなくては!!

  • 2017/08/08
  • ライフスタイル
  • 41view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 趣味
  • オヤジ
  • ショッピングモール
  • ショップ
  • ライフスタイル
  • 保守的

価値観が固定化することに対する大きな恐れ

価値観が固定化することに対する大きな恐れ

オヤジと呼ばれる年齢になると何かを購入するにしても、いつものショップへ向かうという行動になってしまう。もっというとショップにすら足を運ばなくなって、アマゾン当たりで手を打ったりするようになるもので、これではいけないよな、と反省したりするのです。

もっとアグレッシブだった頃には、新しいショップができたという話を耳にすると、わざわざ足を運び、ショップが持つテイストだ何だをチェックしていたものですし、そこから刺激を受けたりしていたものなのです。
しかし、気が付くとそんな行動をめっきりしなくなっている。

面倒くさいとか、いつものショップやアマゾンで充分だからとか……そんな風にいっていますが、要は保守的になっているんですよね。オヤジ化したっていうんでしょうか?

この病状が悪化すると、自分と異なる価値観を頑ななまでに受け入れなくなってしまう。
まさに頑固オヤジ化、こうなると傍迷惑なことこの上ない存在になってしまうのです。

 

ショッピングモールが退屈なのは感性が鈍ったから?

ショッピングモールが退屈なのは感性が鈍ったから

これではいけないと思い、近所に新しくできた某ショッピングモールへ足を運んでみたところ、オープンして間もないだけあって、平日にも関わらずそれなりの人出で賑わってはいたのです。

しかし、まあ退屈この上ない。
最初は、自身の感性が相当鈍ってしまった結果ではないかと、ちょっと悲しくなってしまったのです。
しかし、同行していた高校1年生の息子の顔を見ても、何とも鈍い表情をしている。
……これって、自身の感性が鈍ったのではなくて、入居しているテナント自体が退屈なんじゃないの? そんな風に思い直すことにしたのです。

 

一応の正解を模倣するだけでいいのか?!

そりゃそうですよね、ショッピングモールという器は変わったものの、中に入っているテナント自体、特に目新しいものはないのですから。いやいや、耳にしたことのないショップも入って入るんですよ。でも、そんなショップから漂ってくるテイストに新鮮味が全くない。
特にアパレルがつまらない。

なぜなのか? それは恐らく小売業の正解が明らかになってしまったからではないでしょうか。

正解とは何か? ユニクロ、ZARA、H&M……つまりSPA=製造小売業が正解だとわかってしまったから、小規模なショップも右にならえをしてしまう。

SPA化するということは、どうしても万人受けする保守的な商品ばかり作り込み、品揃えしてしまうということ。
すると小規模なショップも保守的な商品=正解と思ってしまうから、新鮮味がない商品ばかり揃えてしまう、結果つまらなくなってしまうのです。

 

頑固オヤジ化を防ぐためにも「モールを捨てよ町に出よう」

頑固オヤジ化を防ぐためにも「モールを捨てよ町に出よう」

犬助は郊外型のショッピングモールに一体何を期待してるんだい?

何だか、そんな声が聞こえてきそうなのです。
本当に面白いショップはいくらでもあるのかもしれません。しかし、それらのショップを探しにいく気力がない、だからショッピングモールに期待をする、裏切られる、そんなの当たり前じゃないか!! と。

ですから、ユニクロや郊外型ショッピングモールに対する愚痴はやめて、もっと新しい刺激を探しに町に足を運ばなければと思ったのです。
行きつけのショップやアマゾンで充分じゃないか? とも思うのですが、それでは頑固オヤジ化が悪化するばかり。
そういえば昔から大切なことの多くは、町が教えてくれたなあ……などと、考えながら。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • オヤジ
  • ショッピングモール
  • ショップ
  • ライフスタイル
  • 保守的

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
記事制作方針ガイドライン
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ