記事制作方針ガイドライン

キャンプ場の選び方4つを紹介!自分に合ったキャンプ場を利用しよう

  • 2017/07/14
  • ライフスタイル
  • 50view
  • 松村 昴
タグ
  • 趣味
  • アウトドア
  • お出かけ
  • キャンプ
  • 趣味

キャンプ場ってどう選べばいいの?

今年はキャンプを趣味にしようと思っているオヤジもいるのではないでしょうか。キャンプ初心者にとって難しいのがどのキャンプ場を選べばいいのかです。キャンプ場の数は多く、選ぶだけでもひと苦労です。そこで今回はキャンプ場の選び方について紹介していきたいと思います。

キャンプ場ってどう選べばいいの?

 

キャンプ場までの距離で選ぶ

キャンプ初心者なら近いキャンプ場を選ぶのがおすすめです。キャンプ初心者にとってテントの設営などは想像以上に時間がかかります。慣れればテントの設営も手間がかからないのですが、初心者なら慣れていないので時間がかかるのも当たり前です。そのため、早くキャンプ場に訪れることができて、キャンプ場での時間を長くすることができる近場のキャンプ場がおすすめなのです。また、帰りのことを考えても近場にはメリットがあります。やはり、慣れていないキャンプでは想像以上に疲れます。テンションが上がっているキャンプ中ならあまり疲れを感じないですが、思っている以上に体は疲れているものなのです。そのため、帰る時間が少なくて済む近場のキャンプ場がおすすめなのです。

キャンプ場までの距離で選ぶ

 

キャンプで何をしたいのかで選ぶ

キャンプ場の選び方としてはキャンプで何をしたいのかで決めることもできます。川遊びがしたい場合には川沿いのキャンプ場を選ぶべきです。自然の中で緑に囲まれたい人は山間のキャンプ場の選ぶべきです。また、ロケーションからキャンプ場を選ぶこともできます。富士山や湖など特定のロケーションを楽しみたい人はロケーションからキャンプ場を選ぶべきです。キャンプでやりたいことや見たい景色などからキャンプ場を選んでみてください。

 

キャンプ場の施設から選ぶ

キャンプ場の数は多く、どのキャンプ場もそれぞれ特色をもっています。なかでも差別化されているのがキャンプ場内の設備です。キャンプ場によってはお風呂が付いていたり、レンタル用品や売店で扱っている種類が充実していたりします。お風呂がなくてもシャワーがあるだけでも嬉しいものです。また、レンタル用品・売店があるとキャンプが楽です。現地でキャンプ用品や食材などを揃えることができるのは大きなメリットです。キャンプに持っていくものを少なくでき、もしキャンプ用品を忘れても安心して楽しめるのです。キャンプ場にある施設によってキャンプが楽にできたり、快適にできたりできます。そのため、キャンプ場の施設から選ぶこともできるのです。

キャンプ場の施設から選ぶ

 

キャンプ場のスタッフやオーナーから選ぶ

キャンプ初心者は不安があるでしょう。そんなときにキャンプ場にスタッフやオーナーが常駐していれば安心です。キャンプ場によってはスタッフがテントの設営の手伝いをしてくれたりします。その一方で、キャンプ場によってはスタッフはいるだけで夜には帰ってしまうこともあります。初心者にとっては24時間スタッフやオーナーが常駐している方が安心でしょう。そのため、キャンプ場のスタッフ・オーナーから選ぶこともおすすめです。キャンプ場の選び方はそれぞれです、ぜひ今回紹介した4つの選び方から自分に合った選び方でキャンプ場の選んでみてください。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • アウトドア
  • お出かけ
  • キャンプ
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ