記事制作方針ガイドライン

アウトドア料理でキャンプを楽しもう!初心者でも簡単にできるコツを紹介

  • 2017/07/04
  • ライフスタイル
  • 54view
  • 松村 昴
タグ
  • 趣味
  • アウトドア
  • イベント
  • キャンプ
  • 娯楽
  • 料理
  • 趣味

キャンプの楽しみは料理

キャンプの楽しみのひとつは料理でしょう。外で作って食べるアウトドア料理は一味違います。しかし、キャンプ初心者の人の中にはアウトドア料理を作るのは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。実はコツさえ分かっていればキャンプ初心者でもアウトドア料理は簡単にできます。そこで今回はキャンプで簡単にアウトドア料理が作れるコツを紹介していきます。

キャンプで簡単にアウトドア料理が作れるコツを紹介していきます。

下準備は自宅で行う!

キャンプでアウトドア料理を簡単に作るコツとしては下準備を自宅で行っておくことです。キャンプ場ではいろいろやるべきことがあって料理をじっくりと作る時間がないこともあります。そのため、下準備をしておくことで簡単にアウトドア料理を作ることができるのです。まずは作りたいメニューを考え必要な食材を用意しましょう。そして自宅で野菜の皮をむいたり、適度な大きさに刻んだりと下準備をしておくのです。下準備を済ませた食材はタッパーやジッパー付きの袋に入れて持っていけばいいのです。これによりキャンプ場での下準備を減らすことができ生ゴミも出ません。

キャンプでアウトドア料理を簡単に作るコツとしては下準備を自宅で行っておくことです。

バーベキューなら火加減が重要

アウトドア料理の代表的なものがバーベキューです。バーベキューのコツとしては火加減にあります。火が強すぎると食材がすべて丸焦げになってしまうので注意してください。また、食材を丸焦げになるのを簡単に防ぐコツがバーベキューコンロの焼くスペースを弱火・中火・強火に分散させることです。木炭の置く量を調節することによって弱火~強火までスペースを作ることができます。木炭の量を多めにすれば強火になり、木炭の量を少なめにすれば弱火となります。肉や魚などはまず強火で焦げ目を付けてから弱火でじっくりと中まで火を通せば美味しく出来上がります。また、弱火スペースを作っておくことによってお腹一杯になったときに焼けた食材を置いておくこともできるのです。上手に弱火~強火のスペースを作って簡単に美味しいバーベキュー料理を作ってください。

バーベキューなら火加減が重要です

便利な調理器具を利用することで簡単に料理が可能

アウトドア料理が簡単を簡単に作りたいなら調理器具も重要なポイントになります。バーベキューグリルによっては焚火・バーベキュー・ダッチオーブンなどが楽しめるのです。また、ダッチオーブンがあるだけアウトドア料理の幅が一気に広がります。なぜなら、ダッチオーブンは焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げるとさまざまな料理に対応することができるのです。高機能なバーベキューグリルやダッチオーブンがあるだけで簡単に美味しいアウトドア料理を作ることができます。他にもコーヒー道具やフライパンなどの調理器具を持っていくことでよりキャンプを楽しむことができるでしょう。キャンプの楽しみのひとつであるアウトドア料理を簡単に楽しむために調理器具を利用してみてください。料理が美味しいとワンランク上のキャンプが楽しめますよ。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • アウトドア
  • イベント
  • キャンプ
  • 娯楽
  • 料理
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ