YAZIUP CLUB会員募集中

サイクリングにもある自転車保険について!

  • 2017/07/01
  • ライフスタイル・娯楽
  • 37view
  • 松村 昴
タグ
  • 趣味
  • お金
  • 事故
  • 保険
  • 国内
  • 自転車
  • 趣味

サイクリングを楽しむなら自転車保険に加入しよう

休日の趣味や通勤・通学などにサイクリングを楽しんでいるオヤジもいるのではないでしょうか。気軽に運動することができるサイクリングは趣味にピッタリです。しかし、自転車は乗り物であり危険であることを理解しておく必要があります。交通事故にあう可能性だけでなく、歩行者を轢いてしまい加害者となることもあるのです。そんなときのためにサイクリングを楽しむなら自転車保険に加入しておくべきなのです。そこで今回は自転車保険について紹介していきたいと思います。

サイクリングを楽しむなら自転車保険に加入しよう

そもそも自転車保険って?

自転車保険とは簡単に説明すると傷害保険にあたります。民間の保険会社でも数多くのプランが用意されています。また、日本サイクリング協会によるJCA自転車保険などもあります。自転車保険では自転車事故の際の賠償金や死亡保険、後遺症障害保険などが下りるようになっています。保険会社のプランによって賠償金の上限額などが決まっているのです。また、自転車保険は自動車保険や火災保険などの特約となっていることもあります。自分が知らない間に特約で加入していたということもあるので確認してみましょう。

 

実は自転車保険を義務付けられている自治体も

大阪府や兵庫県、滋賀県などでサイクリングをするときには自転車保険の加入が義務付けられています。これは自転車事故での民事裁判において高額賠償の判決が出たことを受け、自治体が自動車保険の加入を義務化しようと動き出したからです。そのため、大阪府や兵庫県、滋賀県では自転車を利用する人には自転車保険に加入することを義務化する条例を制定したのです。今後は自転車保険の加入義務化は全国に広がっていく可能性があるので自分がサイクリングを楽しむ地域の情報を収集しておきましょう。

自転車保険を義務付けられている自治体もある

どんな自転車保険に加入するべき?

自転車保険に加入するにしてもどの自転車保険に加入すればいいのかわからない人が多いでしょう。自転車保険の加入をする場合は自分がどんなスタイルで自転車を利用しており、どんな補償が必要なのかを考えて加入するプランを考えてください。サイクリングを楽しむ人でも毎日通勤・通学で利用しているのか、それとも休日だけだが長時間のサイクリングを楽しむのかでは自転車保険で求める補償は違います。日常的にサイクリングを楽しむなら自転車事故での傷害補償を厚くしておくべきでしょう。また、休日に長時間のサイクリングを楽しむ場合は遠くでトラブルに合う可能性があるので自転車ロードサービスが付いている方が安心です。このように自分のサイクリングスタイルに合わせて加入する自転車保険を探しましょう。

どんな自転車保険に加入するべきか

示談交渉のサービスは重要

自転車保険によっては示談交渉サービスがあるのかチェックしておきましょう。もし事故が起きた場合は加害者と被害者との責任割合により賠償金が決まります。このときに示談交渉がどうしても必要です。しかし、当事者同士での示談交渉は難航する場合が多いです。そのため、万全を期すためにも示談交渉のサービスも付いている自転車保険に加入しておくことがおすすめです。サイクリングを安心して楽しむためにも、ぜひ自転車保険に加入しておきましょう。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • お金
  • 事故
  • 保険
  • 国内
  • 自転車
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ