記事制作方針ガイドライン

相撲の懸賞は1ついくら?横綱級なら1番20万円!

  • 2017/06/23
  • ライフスタイル
  • 35view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • お金
  • 日本
  • 相撲
  • 豆知識
  • 雑学

相撲の懸賞とは?

相撲の懸賞とは一体?
相撲力士の収入はどんな形態で支払われているのか、その仕組みは意外に知られていません。もちろん「月給」という形での収入も存在しますが、力士の収入はそれだけではありません。給料のほか、褒賞金やタニマチからのご祝儀なども含めると、実際の金額を予想することは難しいものですが、明らかになっているものの一つとして、力士への懸賞金というものがあります。相撲(大相撲)で言うところの懸賞とは、幕内力士の取組における勝ち賞金のことです。懸賞を懸けられるのは協賛する企業や団体に限り、個人で申し込むことはできません。懸賞は原則開催日15日間毎日出すことになっています。ただし、5本以上出すのであれば1日だけの懸賞も認められています。

懸賞を出せるのは原則として「幕内力士」に限られるので、十両以下の力士同士の取組には、基本的に出すことができません。土俵の上で掲げられる懸賞旗は懸賞を懸けた側で製作することになっており、そのデザインも日本相撲協会によってルールが決められています。寸法も横70cm、縦120cmと事細かに決まっているので、懸賞旗が1枚だけ大きかったり小さかったりということはありません。懸賞の申し込みは原則取組の5日前までで、希望の取組に申し込む場合は千秋楽を除き前日の14時までとなっています。

また、選択した取組で一方の力士が休場などの理由で不戦勝となった場合は、同日の別の取組に懸賞を出し直すか懸賞を取りやめるかの選択ができます。提供者名は活字15文字以内と定められ、これが取組表に掲載されたり場内アナウンスで呼ばれることとなっています。

懸賞は行司が勝ち名乗りの後に軍配の上に懸賞袋を乗せ、勝ち力士に差し出し、それを勝ち力士が受け取ることとなっています。懸賞袋を受け取る厳密なルールは決まっていませんが、昭和の大関である名寄岩関がみっつ手刀と呼ばれる縦に3回短く手刀を切ってから受け取る作法を始め、現在もほぼ全ての力士がこれを真似た受け取り方をしています。

 

相撲の懸賞は1本いくらか?

相撲の懸賞は1本いくら?
2014年5月場所以降、相撲の懸賞には1本あたり税金を含めて62,000円と定められました。
1場所あたり毎日1本計15本出すときには、930,000円となります。

 

力士にはいくら入るのか?

力士にはいくら貰えるの?
懸賞1本あたりの勝ち力士の獲得金額は、懸賞1本あたりの手数料(取組表掲載料や場内アナウンス料等)として5,300円を差し引かれた額56,700円です。さらに、納税充当金(年末調整時の追加徴税不足分に充てるために使用します)として26,700円が差し引かれるため、懸賞1本あたりの勝ち力士の手取りは30,000円となります。場所の優勝や、殊勲・敢闘・技能の3賞を受けた際に受け取る賞金には税金がかかっていないため、主に追加徴税で差し引かれるのはこのお金となります。

なお、納税充当金の余剰分は力士の引退時に本人に還付されることとなっています。

 

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • お金
  • 日本
  • 相撲
  • 豆知識
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ