記事制作方針ガイドライン

コードレスラジオという、男子の世界

  • 2017/06/06
  • ライフスタイル
  • 88view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 趣味
  • Gショック
  • コードレスラジオ
  • ライフスタイル
  • 男性

Gショックの世界的ブレイクでもわかる通り

Gショックの世界的ブレイクでもわかる通り一時の爆発的流行から定番へ、日本の男子なら今や1本は持っている(であろう)時計といえば、Gショックなのです。
国内でのブームも1周どころか数周したかに見える現在、今度は中国で大ヒット中。北京でショップがオープンしたのが火付け役になったらしく、昨年の出荷本数は国内外をあわせて実に800万本!! 最高値を記録したというのですから、勢いはとどまりません。
やっぱり中国、その次はインドですかね?

いうまでもなくGショックの魅力といえばタフネスさと、それをアピールするゴツい外観。海外のドキュメンタリーでも世界中の兵隊さんを始め、様々な人々が愛用しているのを見かけますから、その魅力は万国共通、男子心を掴んで離さないということですね。

 

Gショック風家電、コードレスラジオ

先日、ホームセンターを歩いていましたら、面白い商品を見つけました。それは「コードレスラジオ」と呼ばれるもの。

「コードレスのラジオ? それって、いわゆる携帯ラジオと何が違うの」まあ、そう思われるのもごもっとも。しかし、このコードレスラジオ、まず大きさが携帯ラジオとぜんぜん違う、まあでかい。
展示されていたものは日立工機製の「UR18DSDL」というモデルなのですが、フロント部は約30×25cm、12インチのノーパソを閉じたぐらいの大きさがあります。そして、奥行きは40cm、重量は4kgですからでかい上に結構な重さがあるのです。

正面から見ると長方形、横から見ると三角形という形状も独特のもので、三角柱のゴツいフレームの中にラジオ部を収めたというルックスはヘビーデューティさ満開。男子心を激しく揺さぶる、Gショック・テイストを匂わせています

 

ハードな現場に似合う、コードレスラジオ

ハードな現場に似合う、コードレスラジオそして……このコードレスラジオ、携帯ラジオと異なるのは、想定される用途やシーンがぜんぜん違うという点。
携帯ラジオが活躍するシーンは、お年寄りの朝の散歩や畑仕事といった牧歌的な風景の中。一方、コードレスラジオが活躍するのはハードな現場。
鋭い人はコードレスラジオが「日立工機」製と聞いた時点で気がついていると思いますが、むくつけき男子が力と技を尽くす工事・建築現場での使用を前提としているのです。

コードレスラジオに用いられる電源は乾電池ではありません。電動工具に用いられるリチウムイオンバッテリー。UR18DSDLなら同じ日立工機製のインパクトドライバーなどと互換性があるというのも、いかにもプロツールという感じでカッコいい。加えて「いかにも」というなら、ゴツいフレームに用いられている日立工機グリーンの色合い、現場で映えること間違いなしなのです。

 

現場からレジャー、災害時にも活躍(予定)

さて、このコードレスラジオ、ラジオというネーミングには少々誤りがあります。当然のごとくBluetoothに対応していますし、本体内の保護ケースにはAUX端子やUSB充電端子を備えていますから、様々な音楽ソースに対応できるばかりか緊急時の充電にも使えるという有能さ、ラジオどころかアウトドアツールとしても機能するのです。
もちろん、レジャーだけでなく災害時のツールとしても非常に有能なのは言うまでもないでしょう。

 

コードレスラジオに惹かれないのは、オトナの証拠

★コードレスラジオに惹かれないのは、オトナの証拠ルックスといい、機能面といい何とも有能なコードレスラジオ、日立工機製だけでなくマキタ製のものもあり、これまたGショックテイストのルックス・多機能ぶりを誇っていますから、ぜひ一度ご覧になって下さい。まあ、どこかにあるはずの男子心が揺さぶられること間違いなしです。

そして……これらの商品に魂を揺さぶられないならば、もう男子心は失ってしまったということ。立派なオトナになったというサインですから、自信を持って生きていって下さい。その代わり、何か大切なものを失ってしまったというサインでもありますから、お気をつけて。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • Gショック
  • コードレスラジオ
  • ライフスタイル
  • 男性

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
記事制作方針ガイドライン
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ