YAZIUP CLUB会員募集中

何も生まない経済活動こそ、至高である

  • 2017/05/24
  • ライフスタイル・娯楽
  • 44view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 趣味
  • オーディオ
  • お金
  • キャバクラ
  • 経済
  • 趣味

何も生まないからこそ、趣味なのである

何も生まないからこそ、趣味

世の中には特異な趣味というのが沢山ありまして、傍からみれば、よくぞそんなことに夢中になれるよな、ということに大金を注ぎ込んでいたりするわけです。
まあ、実用的なものに金をつぎ込んでいる時点で、それは趣味とはいえないわけですし、全くムダな物に金をつぎ込むからこそ趣味なのですから、他の人から見れば理解できないのは当然のこと。他の人に迷惑をかけていない限りは、誰からも非難を受けることなく趣味に打ち込んでいて欲しいものですね。立派な消費活動なのですから。

 

家一軒分費やして、やっと一人前という世界

そんな数ある趣味の中で、孤高の存在と呼べるのは、やっぱりオーディオでしょうか。
オーディオの世界には「マニアは、家一軒分の金額をつぎ込んで一人前」なんて言葉があるようですが、まあ、その筋の人から話を聞くと、気がついたら家一軒分つぎ込んでいたというだけの話で、金をつぎ込むことが目的ではないとのこと。
どこかにあるかもしれない理想の音を探して色々と買い求めていた結果、そうなったとの話です。

 

ああ、夢の商売!粗利1万3,900%

趣味の極北だなと感じるもの

もちろん他人の趣味の世界ですから、とやかく言う筋合いはないのです。しかし……やっぱり、スピーカーケーブル1mで10万円とかそんな話を聞くと、趣味の極北だなと感じるもの。特にその感を強くしたのが、以下のエピソードを耳にした時でした。

スイスのオーディオメーカー「GOLDMUND」社製のSACDプレイヤー「EIDOS 20A」の中身がパイオニア製DVDプレイヤーと同じだった!!

GOLDMUND社はアナログプレイヤーの製造から名声を得た超高級オーディオメーカー。もちろん現在も先述のSACD(スーパーオーディオCD、次世代CD規格らしいです)プレイヤーやアンプ、スピーカーなどを製造し続けています。
そして件のEIDOS 20A、実売価格は140万円を超えるという超高級機種なのですが、その中身が実売1万円程度の国産・パイオニアのDVDプレイヤーをそのまま移しただけだったというのです。

その価格差、実に140倍!! 高級そうな筐体に普及機種のDVDプレイヤーそのまま突っ込んで、粗利1万3,900%ってGOLDMUNDさん、いい商売をしてますね!!

 

パッケージが変われば、価格が変わるのです

しかしですよ、それに納得してお金を払っているマニアが、それも世界中にいるからGOLDMUND社が成り立っているのです。

例えばキャバクラで何らかの酒を飲んでいる時に、その原価を考えることはあるでしょうか? ドン・ペリニヨンのロゼなんて、うっかりオーダーした日には10万超えはするでしょうが、酒屋で買えばいくらだなんて考えたりするでしょうか?
もし、それを考えるならば、その人はキャバクラどころか、外食自体を一切するべきではありません。

同じものでも場所が変われば価格が変わるのは当たりまえ。パッケージが変われば、価格が変わるのも当たり前。GOLDMUND社の商売は至極まっとうなのです。

 

真っ当な経済活動という点では変わりがない

真っ当な経済活動

まあ、キャバクラでピンドンをオーダーすれば、キャバ嬢からチヤホヤされるというメリットがある一方で、GOLDMUNDのEIDOS 20AでSACDを鳴らしていても、誰もチヤホヤはしてくれません。

しかし、キャバ嬢のチヤホヤもEIDOS 20Aの至上の音も、何も生まないという点では全く同じ、趣味なのですから当然のことです。真っ当な経済活動でありますから、そのことについて、他人がとやかくいうべきではないということについても当然のことです。

ただ、キャバ嬢にチヤホヤされる心地よさについては多少理解できるものの、EIDOS 20Aの件については全く理解できないという点で、私の中では大きく違うのですが。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • オーディオ
  • お金
  • キャバクラ
  • 経済
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ