記事制作方針ガイドライン

オヤジは音響にこだわる?車載スピーカーの交換について

  • 2017/05/18
  • ライフスタイル
  • 593view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • おすすめ
  • ブランド
  • 音楽
  • 音響

ラジオが聴ければよいなら純正品でOKだが

車を買うときには、さまざまなオプションを検討します。ディーラーに頼んでつけてもらうものもあれば、納車後に自分で搭載するものもあります。中でも、オーディオのスピーカーは自分好みの音を作りたいオヤジにとって重要なアイテムです。尤も、車の中ではカーラジオから流れてくる情報が聴ければ文句はないと考えるオヤジもいますから、そういうオヤジは初めからついて来るスピーカーで十分でしょう。

ラジオが聴ければよいなら純正品でOK

次に、車の音響に不満がある場合は、スピーカーのせいなのか、デッキに問題があるのかも考えないといけません。極端な話、数百円のAMラジオを買ってきて、高級スピーカーをつないだとしても、満足できる音にはならないものです。車載のカーオーディオがそれなりのものでなければ、丸ごと買い換えることも視野に入れましょう。

現在市販されているカーオーディオ機器としては、パイオニアのカロッツェリアやケンウッドのものが圧倒的に多く、他のメーカー品を探す必要がないほどです。そこで、付けるべきスピーカーも、この2社の製品が無難だろうとなります。

実際に、人気のある売れ筋商品はケンウッドかパイオニアが多くなっています。しかも、比較的に安価な商品が多いため、ドライブシーンの高級オーディオとしてはコストパフォーマンスに優れていると言えそうです。

人気のある売れ筋商品は比較的に安価な商品が多く、コスパの良いケンウッドかパイオニア。

 

おすすめはコアキシャル2wayスピーカー

ちょっと世代の高いオヤジ世代がまだ学生だった頃、ちょっとしたオーディオブームがあったことを記憶しているでしょうか。いわゆるステレオコンポという奴に接続するスピーカーとして、ウーファーとツイーターが分離しており、それを一個のスピーカーボックスに収納しているのが一般的でした。それ自体は、現在でも似たような状況でしょうが、コンポ自体が少なくなっているようですね。しかし、ウーファーとツイーターを完全に離して設置することもやろうと思えばできました。ケーブルさえ届けば、どこにでも移動自由です。

車の場合は、スピーカーを設置できる場所には制限があります。そして、一度設置してしまえば、基本的にはその位置のままです。よほど音響に詳しい人なら別ですが、一般人でカーオーディオの音を良くしたいなら、ウーファーとツイーターを離れ離れに設置することはおすすめできません。完全な融合?が難しいかもしれないためです。それに比べて、コアキシャルと呼ばれるセパレートではない2wayスピーカーなら、ちょうど良い感じに設定されているため、外れが少ないのです。

コアキシャルと呼ばれるセパレートではない2wayスピーカーはハズレが少ない

但し、車の中を音楽鑑賞のための空間にするなら話は別です。その場合は、徹底的に音質を追求すべきでしょう。そこまでではなくても、聴きたい音楽に適した音が出るスピーカーを選びたい人も、選択肢は広くもっておいた方が良いです。そこまでは求めていないが、安っぽい音は嫌だというオヤジなら、コアキシャルの売れ筋スピーカーを選んでおけば間違いないでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • おすすめ
  • ブランド
  • 音楽
  • 音響

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ