記事制作方針ガイドライン

14歳プロ藤井四段の快挙で注目の将棋!趣味として始めるための第一歩

  • 2017/05/13
  • ライフスタイル
  • 13view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • ゲーム
  • ハウツー
  • 初心者
  • 娯楽
  • 生活の知恵

将棋の魅力

将棋の魅力とは?
将棋は、9マス×9マスの81マスの将棋盤の上で合計40枚の駒を使って2人で対戦するボードゲームです。最近では、14歳という史上最年少プロ、藤井聡太四段の公式戦連勝で再びブームに火が付き、注目される様になりました。日本の将棋人口は1000万人を超えるとも言われており、老若男女を問わずに幅広い年齢層で人気があります。将棋を覚える事によって、沢山の大人やお年寄りともコミュニケーションをとる事ができるようにもなります。

また、最近ではインターネットの普及によって、顔も名前も知らない相手とも家にいながらにして何局でも対局する事ができますので、24時間対戦相手に困る事もなくいつでも将棋を楽しめるのも魅力の一つでしょう。

 

将棋の基本的なルール

将棋のルールはとてもわかりやすく「先に王様を取った方が勝ち」というシンプルなものになっています。
将棋のルールはとてもわかりやすく「先に王様を取った方が勝ち」というシンプルなものになっています。
将棋の駒には「王将」「飛車」「角行」「金将」「銀将」「桂馬」「香車」「歩兵」の8種類があり、合計40枚の駒を20枚ずつ敵味方に向かい合わせて盤上に並べた状態から対局が始まり、お互いに一手ずつ交互に指していって、先に相手の王将を取った方が勝ちになります。

また、将棋では囲碁やチェスとは違い、相手から取った駒を対局中に自分の駒として使う事ができるのが大きな特徴になっており、この点が形勢不利な状態からの逆転勝利が頻繁に見られる要因にもなっています。

将棋にはいくつかの反則や禁じ手があり、例えば同じ列に「歩」を2枚並べてはいけないという「二歩(にふ)」や、持ち駒の歩を使って、相手の王将を詰みにしてはいけないという「打ち歩詰め(うちふづめ)」などがありますが、全体的にはそこまで複雑なルールはなく、あくまでも先に相手の王様をとった方が勝ちというシンプルなボードゲームになっていますので、あまり難しく考えずにゲーム感覚で楽しく覚えていく事ができます。

 

初心者が強くなるコツ

将棋初心者が強くなるコツは?
将棋を覚えるからには、少しでも強くなりたいとは誰もが思う事ですが、初心者が力をつけるにはどうすればいいのでしょうか。プロ棋士の対局を参考にすればすぐに強くなれると思うかもしれませんが、初心者がプロの対局を見たところで戦術が複雑すぎてほとんど理解する事はできません。
それではどうしたらいいのかというと、私は将棋で強くなるための最善の方法は、実力の近い者同士で何局も対局を重ねる事だと思っています。私は将棋を覚えたばかりの子供の頃は、小学校の将棋クラブに所属して初心者同士で対局を何度も重ね、その結果将棋の基礎を身につける事ができ、さまざまな戦術や勝ち方を覚えていきました。

また、勉強において復習が大事なのと同じように、将棋においても「感想戦」が大事になってきます。対局が終了したら、勝った負けたで終わるのではなく、きちんと振り返る事が大切です。特に勝った時よりも負けた後の復習が大事になり、なぜ自分が負けてしまったのか、どの一手が敗因になってしまったのかをしっかりと復習する事が、同じミスを繰り返さないための勉強になって自分の力を高めていく事になります。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • ゲーム
  • ハウツー
  • 初心者
  • 娯楽
  • 生活の知恵

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ