話のネタに困ったら。読んだらビックリすること間違いなしのおススメ小説

  • 2015/12/24
  • ライフスタイル
  • 716view
  • YAZIUP運営
タグ

話題探しに苦労してませんか?

264849074

ご趣味は?

お休みのときは何を?

このあたりがありきたりでしょうか。

ただ、ありきたりな話題であれば、ありきたりな話の内容で、またすぐに言葉が途切れて……。
こんなとき、何か面白い話ができないものか……。
そんなときに、こんな小説の話はいかがでしょうか。以下にご紹介している作品は、どれもこれも読後に衝撃的な驚きを与えてくれる作品ばかりで、きっとあなたの心の中にも「この驚きを誰かに伝えたい」という衝動を起こすものばかりです。

そんな驚きは話している相手にも伝わります。

あなたの衝撃を聞いた相手もきっとその本を読みたくなるに違いありません。

ここではそんな小説作品たちをご紹介します。

 

殺戮に至る病 我孫子武丸 著

216207301

題名からしておどろおどろしい作品ですが、中身も負けずにおどろおどろしいです。

内容は連続殺人事件の犯人、蒲生稔と自分の息子は殺人犯ではないのか、と疑う蒲生雅子、蒲生稔を追う刑事の三人のそれぞれの視点で描かれていきます。

凄惨な殺戮シーンの描写なども出てきますし、あまり万人受けする作品ではないかもしれませんが、結末で明かされる真実を知ったとき、読者はこの小説に仕掛けられている壮大なトリックに引っかかっていたことにただ唖然とするはずです。ほとんどの方が一度読んだ後にもう一度読み返し、混乱した頭の中を整理しようとするのではないでしょうか。

そうしてその結果、現れてくるもうひとつの物語に、ただただ唸り声を上げる――そんな、みなさんの姿が目に浮かぶようです。

ミステリー作品史上に残る衝撃をあなたに。

 

イニシエーションラブ 乾くるみ 著

133463087

何の情報もなしに読んでいると、ただ若い男女の遠距離恋愛が淡々と描かれているだけです。

殺人事件も誘拐も、とにかく事件というものが何も起こりません。

私も最初にこの本を読んだときは、事前に情報を得ていなければ、きっと途中で読むのを止めてしまっていたかもしれません。

ただ数ある小説の中で、この作品が高い評価を受けているのは何と言っても、最後の二行! たった二行に記された言葉の衝撃の大きさです。

全体的に淡々とした文章で進められているという点も効果的で、よりその衝撃が大きくなります。

この本を読んだ後、まさしく読者はこの世が引っくり返るような感覚を得るのではないでしょうか。(少し大げさに感じるかもしれませんが、既に読んでいる方なら、この意味がおわかりいただけるのではないでしょうか)

でも、だからといって作品の最後の二行だけを読んでみても、さっぱりその衝撃の意味がわかりません。

作品を全て読んだ上でないと理解できない一行の衝撃であるという点も、この作品の優れたところです。

 

造花の蜜 連城三紀彦

56048482

大変な大御所ですが、この作者のだいご味は文学的な表現方法とミステリーの融合です。

そしてそのミステリーはこれでもか、というくらいのどんでん返しの連続です。

私も様々などんでん返しのトリックのある小説を読んできましたが、この作者の場合はけた違いに読者の裏をかきまくってくれます。

「え……、まだ裏があるの」とどんでん返しの無限ループにはまってしまったような楽しさを味わうことができます。

御多分にもれずこの作品もその流れに沿っているのですが、結末は間違いなくあなたの予想を裏切るものになっているはずです。

 

絵に描いたような「あっ、と驚く」ラストがあなたを待っています。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ