記事制作方針ガイドライン

おかしなテレビに突っ込みを入れるシリーズ

  • 2017/05/05
  • ライフスタイル
  • 44view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • お金
  • テレビ
  • ドラマ
  • 生活
  • 銀行

算数くらいちゃんとやって欲しい

オヤジの暇つぶしに、刑事者のドラマをみながらおかしな点に突っ込みを入れるという方法があります。しかし、突っ込みを入れるべきおかしな放送は刑事ドラマ以外にもたくさんあります。しかも、フィクションであるドラマどころか、ノンフィクションであるべき情報番組でさえ突っ込みどころ満載だったりします。

ノンフィクションであるべき情報番組でさえ突っ込みどころ満載だったりします

もっとも、情報番組にもさまざまなジャンルがありますし、楽しめればOKなバラエティ調の番組であれば突っ込み待ちなのかも知れません。それはともかく、楽しくない突っ込みポイントがあるのは問題です。

たとえば、算数くらいまともにやって欲しいと思う番組があります。芸能人の豪遊を伝えるコーナーで、1つ数十万円する商品をまとめて10個も買うなどし、その他を含めて支払い総額が200万円!というものです。

え?数十万円って、少なくとも40万円前後はしますよね?30万円と考えても10個で300万円。この時点で200万円をオーバーしています。算数を習っている小学生が混乱するような番組はどうなんでしょ?と、オヤジは暗澹たる気持ちになるのでした。(例にあげた条件はアレンジしていますが、このように計算が合わない番組のスタッフは何も思わないのでしょうか?)

ちゃんと計算しているのか?と疑いたくなるような内容も

 

数百円を振込みで貯金する

子供のために親が少額の貯金をこまめに行うという設定は、人情者のドラマではちょこちょこ見受けられる設定です。特に、子供が親を嫌っていたり、憎んでいたりする設定では、最後に泣かせるシーンとして効果的なストーリーとして重宝されているのかも知れません。

ところが、そのときの状況で感情移入のスイッチが切れていると、どうでもよい?部分に気がついてしまうのです。そうです、突っ込みポイントです。

・パートの親がわずかな金額をせっせと振り込む
離れて暮らす我が子のために、子供名義の口座を開設して、そこへ数百円、数千円単位のお金を入れる親心。そこで泣ければ良いのですが、通帳のアップを見て??

その通帳には、入金情報として親の名前が印字されています!
通帳に入金した人の名前が印字されるケースとは、振込みですよね。通帳を持参した窓口での入金にしても、ATMでの入金にしても、他人(この場合は親)の名が記載されるはずがありません。それができるのは、振込み人名義が存在するからでしょう。
※その口座の通帳やカードを使った入金で、名義人以外の人の名前が印字される金融機関があるのなら申し訳ありません。ありませんよね?

しかし、現在のネット振込みでさえそこそこの手数料がかかるのに、わずか数百円の貯金をするために、それに近い手数料を払うっておかしいでしょ。というのが当たり前の感覚です。通帳を持っているんだから、振込みなんかしないで、普通に入金してください!

はちゃめちゃな内容では泣かせる場面で涙が半分しか出てこない可能性があるかも知れません

しかし、それでは親の名前が出てこないという決定的な問題が生じるのです。泣かせる場面で涙が半分しか出てこない可能性があるかも知れません。フィクションですから、手数料でいくら消えるという問題ではないのです。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • お金
  • テレビ
  • ドラマ
  • 生活
  • 銀行

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ