記事制作方針ガイドライン

写真に目覚めたらカメラは何を選べばいいの?

  • 2017/05/01
  • ライフスタイル
  • 597view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • カメラ
  • ハウツー
  • 写真
  • 初心者
  • 娯楽
  • 買い物

表現に物足りなさを感じたら買い時

最近はスマートフォンに高性能のレンズが付いており、カメラ機能で撮影した写真はアプリで加工できるので、わざわざカメラを買う必要はありません。動画の撮影も可能です。けれども、自分で撮影した画像がなんとなく物足りなく感じたら、本格的なカメラを買うべきでしょう。スマートフォン以上に多彩な表現ができるようになります。彼女を撮影する時も、インスタグラムにアップする時も、ずっと満足できるでしょう。

自分で撮影した画像がなんとなく物足りなく感じたら、本格的なカメラを買うべきでしょう。

どのカメラもメリット・デメリットがある

一口に「カメラ」と言っても、大きく分けてコンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼カメラ、デジタル一眼レフカメラの3種類があります。唯一共通しているのは、撮影した写真をデータで管理するので、フィルムは必要ありません。

コンパクトデジタルカメラは、安価で軽量なのが魅力です。かさばらないので持ち運びも簡単です。けれどもカメラとしての実力は、ほとんどスマートフォンと変わらないので、多彩な表現を求めて乗り換えるには、不向きかもしれません。

ミラーレス一眼カメラは、レンズの交換が可能で、液晶モニタを見ながら撮影します。スマートフォンから乗り換えやすく、露出補正などの調整も簡単です。一方で、出来上がりの印象がモニタで見た時と異なる場合があります。シャッターのタイミングやフォーカスを合わせるのに若干のタイムラグが生じるので、動きがあるものを撮るのは苦手です。

デジタル一眼レフカメラは、ファインダーで見たままの写真が撮れて、レンズの種類が豊富です。自分の思い通りの写真を撮りやすくなります。けれども、操作方法は従来のカメラに近いので、スマートフォンから乗り換えるには慣れが必要です。大きさも重さもあり、手入れも必要なので、気軽に扱いづらいところがあります。値段も高価です。

カメラを知り尽くした愛好家は、ほとんどがデジタル一眼レフを勧めるでしょう。確かに、いずれ写真を極めるのであれば、それが理想です。一方で、露出補正さえままならないうちに挫折する人が多いのも事実です。お金はかかりますが、まずはミラーレス一眼カメラから初めてみて、さらなる欲が出たらデジタル一眼レフカメラに乗り換えるのが無難です。

どのカメラもメリット・デメリットがあります。

カメラを選ぶ時に覚えておきたいこと

カメラを選ぶ時のポイントはいくつかあります。まずは画素数です。大きいほど再現力の高い写真を撮影できますが、それをどれくらいのサイズで使うかにもよります。A4サイズまできれいに再現するなら1000万画素で十分用足ります。

焦点距離は撮影する範囲を決める目安になります。例えばパノラマのような広い範囲を撮影するなら、28㎜以下の広角レンズが必要です。逆に遠くの被写体を撮影するなら、200㎜以上の望遠レンズが必要です。

何よりも重要なのはメーカーです。特にデジタル一眼レフカメラは、本体よりもレンズの方に価値があります。けれども、メーカーが違うと使い回しができません。レンズの種類は、圧倒的にキヤノンとニコンが充実しています。

初めて本格的なカメラを買う時は、インターネットの意見を参考するよりも、実店舗で確認するのが一番です。
初めて本格的なカメラを買う時は、インターネットの意見を参考するよりも、実店舗で確認するのが一番です。実際に触れてみないと分からないことがたくさんあります。カメラの専門店なら店員のアドバイスも参考になるでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • カメラ
  • ハウツー
  • 写真
  • 初心者
  • 娯楽
  • 買い物

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ