記事制作方針ガイドライン

DAZNが準備万端になるのはいつ?

  • 2017/03/17
  • ライフスタイル
  • 34view
  • のりき 夢丸
タグ
  • 趣味
  • インターネット
  • スポーツ
  • テレビ
  • トラブル

「DAZN」と書いてダ・ゾーンと読む

335549735

DAZNはイギリスのスポーツ映像専門配信サービス。日本では先日docomoグループと手を組み、優待版のサービスも始まった。

このサービス、実は本国英国でも16年夏に立ち上がったばかりの新興勢力で、サッカー、MLB、NBAなどメジャーなスポーツ中継を中心に、F1、ダーツ、ボウリングなどかゆいところに手が届くコンテンツまで提供しているらしい。

日本のスポーツファンが注目しているのは何と言っても「Jリーグ」動画をこれから10年にわたって独占的に配信する点だろう。
他にもプロ野球、バレーボールも見られるが、そのインパクトはいまやサッカーの比ではない。

この冬の「民族大移動」ならぬ「視聴者大移動」が話題となったように、スカパー!からの乗り換えが急激に進み、さてどんなサービスを展開してくれるのかと期待していた矢先、いきなりやってしまった。

日本人が一番嫌う、「自分のせいじゃないトラブル」ってヤツだ。

 

 

やっぱ、外国クオリティかなあ

520136047

トラブル自体は、「一部映像が見られなくなった」という単純な性格のものだったが、その原因がちょっとお粗末すぎる。

▼まず映像受け渡し側(Jリーグ)に100%落ち度がなかった
▼「早く見てほしくて」一斉作業をしたらエラーを吐いた
▼バックアップも効かなかった
▼外国ではこんなことは起きていない

うーん、日本、なめてます?

加えて、肝心の画質のほうも
「懐かしいアナログ時代の雰囲気ありあり」
の汚さなんだとか。

日本人って、液晶テレビ一つとっても「残像感」とか「画面ヤケ」とかまで気にする民族だからねぇ。
汚い画質だと、いくら熱狂的なファンでもいまいち没頭感、臨場感はないだろうし。

サービズ自体がまだジャパニーズレベルに達していないのは明らかだね。

 

 

docomoグループと組んでるのが救いかも

497728399

しかしdocomoはこの体たらくを許すような企業体じゃない。
これから10年付き合っていくパートナーだし、長い目で見ればそのうち技術もスキルも熟成すると思ってはいる。

いるけれど、docomoだってこれから週末ごとにヒヤヒヤしたくはないはず。そのたび毎回dポイント配るわけにもいかないしね。

どうだろ、陰でdocomoが尻を叩けば、舶来ものにありがちな「おっそい事故対応」にはならないとオジサン見てるんだけど。

見たいコンテンツをお金を払ってみる、という時代の先駆けでもあった世代からしても、その文化が根付くかどうかの時季に水を差してほしくはないもんだ。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • インターネット
  • スポーツ
  • テレビ
  • トラブル

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
記事制作方針ガイドライン
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ