YAZIUP CLUB会員募集中

冬のキャンプに必要なグッズ5つ

  • 2017/03/07
  • ライフスタイル・娯楽
  • 173view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • アウトドア
  • おでかけ
  • 便利グッズ
  • 季節

冬の単独テント泊は一度体験するとやみつきに?

121319071

キャンプというと、春や夏のイメージがありますが、昔から男性の間では「冬の単独キャンプ」も根強い人気があります。冬キャンプの魅力としては、「冷たくピリッとした空気が気持ち良い」「シーズン中と違ってキャンプをする人が少ないため、本格的な野営生活気分を味わえる」などがありますが、そもそもキャンプ場がどこも空いていることや、虫がいないことなどのメリットもあります。

冬キャンプとなると、次に気になるのが「装備や持ち物」です。基本的に冬の山やキャンプ地は気温がマイナスとなることが多く、相応の持ち物が必要となります。ここでは、男の単独冬キャンプに欠かせないグッズを紹介します。

 

冬用テント

260195747

まずは寒い冬山の夜にも使えるテントは必須品アイテムです。冬用テントの選び方としては、外面が「ウレタンコーティング」のものを選ぶことです。ウレタンコーティングが施されているテントは雨も通さず、風も通しません。また、テント内の床にも、ウレタンコーティングが施された「床用の防水シート」を敷きます。

もう一つ、冬用テントを選ぶ際に注意したいのが、出入り口がファスナータイプのものは避けることです。冬のキャンプでは、テント内と外気の温度差で、テントシートの内側が結露します。当然、ファスナー部分にも水滴が溜まりますが、吹雪や冷たい風が吹き付けることで、ファスナーが凍ってしまい開閉が出来なくなり、大変不便です。入口は紐で止めるタイプのテントを選ぶようにしましょう。

 

フライシート

572469346

テントの上にフライシートを被せることで、温度差による結露防止に役立ちます。フライシートは「アウターシート」と呼ばれることもあり、大抵の場合、テントに付属していますが、冬のキャンプに使用する場合は必ずフライシートが付属しているかどうかを確認しましょう。

 

冬用シュラフ

225458818

いわゆる寝袋です。最近では、シュラフも安価で高性能なものが増えてきており、5~6,000円程度のシュラフでも、冬のテント泊に十分耐えられる暖かさがあります。シュラフは、四角い封筒型シュラフと、ミノムシ型とがありますが、冬はミノムシ型の方が気密性や保温性に優れています。シュラフは冬のテント泊における快適さを左右する重要なアイテムなので慎重に選びましょう。

 

シュラフマット

45682387

基本的にテントの床は地面の上にシートが敷いてあるだけの状態なので、クッション性は期待できません。そこで、室内シートに加えて「シュラフマット」が欠かせないアイテムとなります。シュラフマットはやや厚めのレジャーシートですが、あるとないとでは寝心地に大きな差がでるうえ、底冷えや床からの湿気防止にも役立ちます。

 

暖房

533777974

そして、最後に欠かせないのが、「暖を取る」ためのアイテムです。車でキャンプ地に行くのであれば、自動車のAC電源やキャンプ場のAC電源が使えることを前提に「石油ファンヒーター」や「電気ストーブ」「ハロゲンヒーター」などの電化製品を持ち込むのもよいでしょう。電気毛布や電気カーペットをテントに持ち込む人もいます。また、電源不要の石油ストーブなら、AC電源がなくても使用できるため、おすすめですが、暖房器具には頼らず、テントの外でたき火をして、冬の野外を楽しむのも醍醐味です。

また、テント室内外の温度差が激しいと、テント内側が結露してしまうため、なるべくテント内は暖房器具よりも「服装で防寒対策する」という人もいます。

男性なら、イザというときのためにも、冬のキャンプを一度体験してみることをお勧めします。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • アウトドア
  • おでかけ
  • 便利グッズ
  • 季節

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ