YAZIUP CLUB会員募集中

畑仕事で自分のゼロ地点と働く意味を知る

  • 2017/03/02
  • ライフスタイル
  • 50view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 副業
  • 夫婦
  • 暮らし

畑仕事のススメ

126993032

2~3月にはジャガイモを植えて、ニンジンを育てるための土作りをして、イチゴの収穫に向けてお世話をする。このようなことを考えながら、生活をするというのは、なかなか楽しいものです。ヤジアップ世代の男性であれば、毎日が忙しくて、畑仕事どころではないのが実際のところかと思います。とはいえ、筆者である私自身が、会社員をしながらライターとして全国を飛び回り、子供を育てながら畑仕事もしているので、可能か不可能かでいえば、「可能」と自信をもってオススメすることができます。

 

忙しくても可能な畑仕事

530362714

そもそも畑仕事と書いてしまうから、負担感ばかりが襲い掛かってきますが、畑仕事は非日常の時間であり、自分自身をゼロ地点に戻してくれるものでもあります。畑仕事をして作物を収穫すると、ふと思うのです。自分で種を蒔いて、自分で収穫をして、自分で食べて生活しているのに、なぜ会社で働く必要があるのだろうかと。

もちろん、畑を借りるのにはお金も必要ですし、家賃も公共料金も子供の学費を払わなければいけないことを考えたら、働くことは辞められません。でも、一生会社で働き続けることができないのも現実です。当然のようにお金を稼いでいる私たちですが、お金とは何なのかということを考える機会は少ないかと思います。農家出身でもなければ家庭菜園もしたこともない人であれば、ここで初めてゼロ地点を知ることになるかと思います。

 

ゼロ地点を知る強み

575301037

子供はいずれ巣立ちます。そして、夫婦もいずれはひとりになることでしょう。そのとき、どのように生きていくのかが問題となります。もちろん、今ひとりで暮らしている人も同じです。いずれ、今の仕事を辞めることになったとき、中途半端に不安や孤独を感じるのであれば「仕事や家族がいなくても、畑があれば生きていくことはできる」というゼロ地点を知っていれば、簡単に心は壊れません。

日常では贅沢な暮らしをしている。でも実は、何もなくても生きていけることを知っている。これは、生きていくうえで、大きな強みです。

 

ふかふかな畑の土

418925836

最近、土の上を歩く機会が減っていますよね。毎日のようにコンクリートの上を歩いていて、ときに足の裏が痛くなることもあるかと思います。このようなとき、耕したばかりの畑を見ると裸足で駆け回りたくなります。

筆者は、畑の土を触ったとき、子供時代の砂遊びを思い出しました。あのときから、これまで土に触ったという記憶がないのです。そして、土をそっとよけて種を蒔くとき「そういえば、私はこのような細かい作業が苦手だったな」と思ったのです。でも、畑仕事は細かい作業だけではありません。全身を使った作業もあります。私とは逆に全身を使った作業がニガテな方であれば、「なぜ畑仕事なんて始めたのだろう」と後悔するかもしれませんが、それもまた良いことなのです。苦手なことと得意なことが交互に押し寄せて、そして最後に収穫と食事が待っているのですから、意外と受け入れられてしまうものなのです。このように畑の土は、自分自身を振り返させてくれるアイテムでもあります。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • ビジネスマン
  • 仕事
  • 副業
  • 夫婦
  • 暮らし

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ