記事制作方針ガイドライン

けん玉なんかで集中力をアップさせるのが簡単です

  • 2017/01/27
  • ライフスタイル
  • 42view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • おもちゃ
  • 大人
  • 娯楽
  • 子供
  • 趣味
  • 集中力

今や、けん玉は子どものおもちゃなどではありません

389768410
大人も子供もスマホゲーム全盛の世で、けん玉が今、少しずつ見直されています。
それは、歌手三山ひろしのお家芸としてだけではありません。
糸で繋がった玉を宙に舞わせて皿に乗せるだけではないのです。
難しくすればどこまでも難しい技ができるのです。
それは難しくなるほどに集中力が求められます。
簡単な昔の子供のおもちゃのようですが、これは集中力の求められる現代中年男性にはもってこいのグッズとして見直されているのです。
三山ひろしはお世辞にも運動神経が優れているとも思えませんがそれでもかなり上手なように、一般の人でも上達も意外に早いものです。
自分には意外な才能があると楽しみながら難易度をあげているうちに、そこに集中力を引き出してくれるのです。
冷静にリラックスしながら技に集中する力は、仕事でも家事でも質の高い業として目に見えてくることでしょう。
気合いばかりが空回りしないようにするのは、何をするにも有効であるのは間違いありません。

 

けん玉をする前に知っておきたいコツ

535613722
けん玉は初心者には難しく感じられます。
ですが、ちょっとしたコツだけを教われば急に上手になりやすくもあります。
そのコツは以下のようなものです。

・手で玉を振り回さない
膝で持ち上げるように玉を浮かせます。
軽く屈伸運動をして柔らかくしておいてからすることです。
そして玉を乗せる時も膝で受け皿の位置を調整します。
ほとんど手は固定したままと言った感じになるのです。

・成功させようと思わない
別に成功したからと言って誰がほめる訳でも無く何をもらえる訳でもありません。
自分の世界としてマイペースでリラックスして楽しむのが上達の早道です。
そうすると、自然と全身が柔らかくなってくれるのです。

・掛け声をかける
「よっ、はっ、とっ」「ほーいのほいっ」などと技毎に一定のリズムに乗せ動くと安定した動きにもなります。
よく軽業師が適当な掛け声をあげながら芸をしてみせるのは、客を惹き付けるだけでなくそういう意味もあるのです。
また、声を出すと余計な力が抜けてくれもします。

 

けん玉の活躍の場は広がる一方

492783736
高齢者福祉施設では、認知症の予防や治療によく使われています。
それだけでなく身体のバランス感覚ができて転びにくくなったりもするのです。
学習塾でも、勉強の前にやって記憶力を高めてもいます。
またコツコツやればそれだけ目に見えて上達しますので、粘り強く努力して成功する喜びも身に付くのです。
勉強する習慣を付けるのにもすすめられているのです。
このような物は日本にしかありませんので、海外メディアからも注目されているほどです。
最近ではついにけん玉ワールドカップも開催されるようにまでなっています。
他の事は何も考えず、まさしく無の境地になっていられるひとときはそれほど多くはありません。
ここはけん玉を良い機会と捉えて、プライベートライフに取り入れてみましょう。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • おもちゃ
  • 大人
  • 娯楽
  • 子供
  • 趣味
  • 集中力

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ