万年筆のススメ

  • 2015/12/16
  • ライフスタイル
  • 101view
  • YAZIUP運営
タグ

118536571

オトナの文房具

普段よく字を書くという人でも、万年筆を使用しているという人は今では少ないのではないでしょうか。
ボールペンと違って、インクを自分で付けて使う万年筆は使い方次第で様々な風合いを出すことができ、パソコンでの入力が主流になった現代だからこそ自分を表現する道具として注目を集めています。
ここではオトナの文房具、万年筆の魅力をご紹介します。
72672754

 

万年筆の特長

万年筆の最大の魅力といえば、何より自分の好みにカスタマイズできる点にあるのではないのでしょうか。
使えば使うほどペン先が馴染んで書き味が滑らかになり、ボールペンや鉛筆といった消耗品と違って使用の経過に伴う変化を楽しむことができます。
万年筆はいわば、「育てる文房具」と言えるわけです。
そして、オシャレなものが多いのも万年筆の大きな魅力です。
「モンブラン」をはじめ、「セーラー」、「シェーファー」など万年筆のブランドは世界中に存在し、そのデザインやディティールも多種多様です。
ファッションアイテムとしてこだわることができるのもポイントと言えるでしょう。
また、現在では簡単に使うことができる万年筆も増えています。
インクを付けるのが面倒そうという理由で敬遠している人も多いでしょうが、万年筆にはカートリッジ式のものも多く、気軽に使用できるものも販売されています。
最初はこういったものから始めてみるのもいいのではないでしょうか。

参考:http://matome.naver.jp/odai/2132746075345881101

 

 

万年筆の注意点

しかし、やはり注意するべき点もあるので併せてご紹介します。
まずはペン先の扱いが難しいという点です。
ボールペンに慣れているような人ではどうしても強い筆圧で書いてしまい、ペン先を潰してしまうということにもなりかねません。
万年筆は力を加えず滑らせるだけでも文字が書ける仕様になっているので、慣れていないと最初は難しく感じます。
他にもインクの入れ替え、保存方法と留意しなくてはいけない点があるので注意が必要です。

参考:http://www.pilot.co.jp/support/fountain/1120630708373.html

古来から字には人があらわれると言います。
便利なものが多い時代だからこそ、字にまごころを認めてみてはいかがでしょうか。
ビジネスシーンでも一目置かれること間違いなしです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ