宴会シーズン対策。カラオケがうまくなりたい!

  • 2016/11/27
  • ライフスタイル
  • 22view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • カラオケ
  • テクニック
  • ハウツー
  • 季節
  • 成功術

サラリーマンは避けられない?

118109989

年末、年始のシーズンは会社や気の合った仲間でお酒を吞む機会が増えてきますね。よくあるパターンが一次会
は居酒屋、それから二次会にカラオケというパターンではないでしょうか。そんなときに歌に自信のない方はついつい憂鬱な気分になりがちですよね。特に宴会のシーズンでなくとも取引先との接待などで、歌が上手いというのは、相手の印象に残る大きな武器になることもあります。ここでは、カラオケがうまくなるちょっとしたコツをお話しします。

 

カラオケがうまくなる基本

158328038

まずは、カラオケがうまくなる基本の基本的なところからお話しします。

①背筋をまっすぐ伸ばし、マイクは口の位置と平行に持つようにしてください。あなたが発した声を余すところなくマイクに拾わせる効果もあります。
②大きな声で歌い、伸び伸びと声を出すようにしましょう。声量の小さな歌い方はそれだけで自信なさげで、上手に聞こえません。思い切って大きな声を出すようにして歌いましょう。
③お腹を締め付けているものを緩めるようにしてください。これは大きな声を出すために、お腹を締め付けられていると、うまくお腹から声が出ないものです。ベルトなどがきつく感じている場合は穴を二つ、三つ緩めてから歌うようにしましょう。
④歌う場所はできるだけスピーカーから離れた場所を選ぶ様にしてください。これはハウリングなどを防ぐための対策でもありますし、自分の声がきちんと自分の耳で聞こえやすくするためでもあります。

 

カラオケがうまくなるテクニック

243724174

すぐにうまくなることができなくても、聞いている人にうまいと思わせるテクニックがあります。ここではその方法のいくつかをお話しします。

①自分に合った曲を選ぶこと。この世の中で本当の意味の音痴という人は本当にごくわずか、です。歌がうまくない、と考えていらっしゃるかたのほとんどは、実は自分に合っていない曲を選んでいるだけなのかもしれません。実際に曲をCDなどで聞いてみて、最初からサビまで無理なく歌うことができる曲ならば、その歌はあなたに合っています。少しでも歌いにくいな、とか苦しい部分がある曲は避けた方がいいでしょう。
②メリハリをつけて歌いましょう。たとえば歌いだしは低く、サビの部分は思い切り声量を上げて、など歌に抑揚をつけて歌ってみましょう。歌が上手いといわれている人は知らず知らずのうちにこのテクニックを使っている人が多いです。

 

うまくなくてもうまく聞こえる

328496852

今までの基本やテクニックを踏まえたうえで、以下の方法を実践してしてみましょう。きっとあなたの歌を「うまい!」といってくれるはずです。

①「あ、い、う、え、お」をはっきりと歌うことで、歌の印象がハッキリしたものになります。特に語尾はハッキリと。また低音部のときはマイクを近づけて、高音部はマイクを離して歌いましょう。
②うまく歌おうというのでなく、みんな楽しく盛り上がろうという気分で歌いましょう。ですからじっくり聞かせる歌ではなく、盛り上がる歌を選択することが大切です。こういう気分でカラオケに臨むことができれば、おのずと声は大きくなり、メリハリの利いた歌を歌えるようになるはずです。

いかがでしたでしょうか。もちろん本当に歌の実力を上げるためには専門の先生について、ボイストレーニングなど方法は他にもありますが、上記のような気持ちの持ち方や工夫で、聞いている人に「うまい」と思わせることは可能なのです。参考にしていただけましたら幸いです。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • カラオケ
  • テクニック
  • ハウツー
  • 季節
  • 成功術

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ