スマホのパケット定額をパックによる損得で考えるとこうなる

  • 2016/11/05
  • ライフスタイル
  • 34view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • インターネット
  • お金
  • ガジェット
  • スマホ
  • 暮らし
  • 生活
  • 趣味

スマホにはパケット定額のメニューが必須

相変わらずガラケーの人気も高いですが、スマートフォンにチェンジする利用者も増えています。ガラケー時代には考えられなかったパケット通信量となるのがスマホですが、従来同様にデータ通信をたいして使わないならパケット定額も高額メニューは必要ないように思えます。

229579480

しかし、スマホを持つとどうしてもネット接続をはじめとするデータ通信を使ってしまうものです。ヘビーユーザーだけが大容量対応のパケットパックを使うとは限りません。

それでも、あまり使わないのであればライトなプランを選択すれば毎月の料金もおさえられることになります。
たとえば、2016年11月1日現在のNTTドコモの場合、iPone SEの16GBモデルをFOMAからの契約変更で使う場合の各種月額料金は以下のようになっています。

・基本料金…2年定期契約ありの場合(カケホーダイライトプラン)1700円
・データMパック…5GBで5000円
・spモード…300円
・ずっとドコモ割…15年以上の利用で800円割引
・はじめてスマホ割…850円割引
合計5350円(税別)となります。機種代金などは別途かかります。

カケホーダイもライトプランで安い方を選んでいますし、パケットパックもカケホーダイライトプラン対応では最も安いデータMパックの利用ですから、これ以上は安くなりません。

しかし、本当にこれがいちばん安いプランなのかといえば、実は違うのです。

228973387

 

プランの組み合わせで表面上と実際の安さが変わる

とはいえ、電話プランもパケットプランもいちばん安いのを選択した以上、これよりやすいプランがあるはずがないのです。にもかかわらず、さらに安くする方法がある。そのカラクリは、特定条件下で使えるプラン使えないプランの設定にありました。

前述のカケホーダイには、安いライトプランと普通のプランがあります。
・カケホーダイライトプラン…1700円
・カケホーダイプラン…2700円

どうみてもライトの方が1000円安いですね。

それでは、カケホーダイプランで同じようにiPhone SEの料金を確認します。

・基本料金…2年定期契約ありの場合(カケホーダイプラン)2700円
・データSパック…2GBで3500円
・spモード…300円
・ずっとドコモ割…15年以上の利用で800円割引
・はじめてスマホ割…850円割引
合計4850円(税別)

なんと、500円も安くなりました。
よく見ると、パケットパックがSパックに替わっています。このパックはカケホーダイライトプランには適用されないパックなのです。従って、ライトよりも1000円高いカケホーダイプランを選んだことで組めました。

パケットパックが1500円安くなったので、トータルでは500円安くなっています。データ量が2GBということで、いろいろ使う人には足りないでしょう。しかし、ライトユーザーで安い方が良い人には重要なポイントです。基本のカケホーダイプランの1000円差に目を奪われると気付かない可能性があります。

89540581

これは、ひとつの例ですが、最近の携帯・スマホの料金はかなり複雑になっています。ライトユーザーはもちろんのこと、ヘビーユーザーであっても、最も自分の利用スタイルに合ったプラン・料金をしっかりと調べる必要があります。

そうしなければ、無駄に高い料金を支払う懸念があるということです。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • インターネット
  • お金
  • ガジェット
  • スマホ
  • 暮らし
  • 生活
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ