記事制作方針ガイドライン

音楽聴き放題サービスによる新しい音楽の楽しみ方

  • 2015/12/15
  • ライフスタイル
  • 147view
  • YAZIUP運営
タグ

新しい音楽の聴き方「音楽聴き放題サービス」

これまで音楽を聴くならラジオやテレビの歌番組、CDをレンタルしたり購入するのが主な方法でした。それがインターネットの発達によって配信サービスが始まり、好きな曲を1曲単位で購入することができるようになりました。さらに今では定額で多くの音楽が聴き放題になるのです。

260581568

 

 

大手企業が次々と参入

2015年になってから大手企業が相次いで音楽聴き放題サービスに参入しました。5月にはエイベックスとサイバーエージェントによる「AWA」、6月はLINEとソニーミュージックエンターテインメント、エイベックスによる「LINE MUSIC」、7月にアップルの「Apple Music」、そして9月はグーグルの「Google Play Music」が登場しました。

304938896

 

 

大手レコード会社が先導役になって

これまでも、このような音楽聴き放題サービスはありましたが、ほとんどが海外のサービスで日本国内のヒット曲は聴けないのが実情でした。日本は著作権の問題があり、導入に難色を示すレコード会社やアーティストが多かったのです。

今回、エイベックスやソニーといった大手レコード会社が先導しことで、他のレコード会社も楽曲を提供し、ようやく日本のヒット曲も自由に聴けるようになったのです。

198491897

 

 

サービスで選ぶ音楽聴き放題

各社ごとにサービスや聴ける曲数に違いがあり、「Apple Music」ならオンラインラジオやキャッシュ機能、「AWA」ならプレイリスト、「LINE MUSIC」ならLINEを使った友達とのシェア、「Google~」なら検索機能を活かしたユーザーの好みの学習など、それぞれ独自性を打ち出しています。曲数はAppleやグーグルなど海外のサービスが先行しているようです。一方、日本のサービスは邦楽が充実しています。

 

 

CDシングル1枚分の価格で数百万曲以上が聴き放題!

月額は1000円前後。CDシングルを買うのとほぼ同じ値段で何百万以上の音楽が聴き放題になるのです。スマートフォンさえあれば、家で聴くのも外出先で聴くのも、ドライブ中に聴くのも自由自在。もちろん、有料会員ならお気に入りの曲を選ぶのも制限がありません。彼女が好きな曲を探すのもあっという間でしょう。

91166960

 

 

先取りするなら今でしょう

このように音楽聴き放題サービスは一度利用すると、その手軽さがやみつきになってしまいます。今後、サービスが普及するにつれて多くのアーティストやレコード会社が参入するでしょう。「AWA」や「Google~」は無料お試し期間があるので、先取りするなら今です。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ