趣味の印刷物は自作が得か外注が得か

  • 2016/10/04
  • ライフスタイル
  • 54view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • パソコン
  • 仕事
  • 趣味

趣味レベルだから雑で良いということはない

世の中では、ありとあらゆるものが趣味として行われています。自分ひとりだけで完結する趣味もあれば、大人数を巻き込んで行う趣味もあります。

趣味のサークル活動をやっていれば、会報や大会の案内などの印刷物を作ることもあるでしょう。最近はSNSなどでのやりとりが増えているとはいっても、紙ベースで告知するシーンはまだまだ多いものです。

381209371

単なるお知らせではなく、催事の案内ともなれば外部の人間に対してチラシやパンフレットでお知らせするのは当たり前ともいえます。掲示用のポスターも制作したいところです。

ただ、プロとしての活動ではなく趣味の範疇でやっている場合は、印刷物も上等なものである必要はないでしょう。しかし、雑なつくりで良いということでもありません。
たまに、大昔のガリ版刷りと間違えるようなチラシをもらうことがありますが、小学生がスマホを操る時代にどうなのかと感じます。

もっといえば、趣味だからこそプロ並みかそれに近いものを作ることで満足感をアップできる部分があります。安かろう悪かろうでは面白くないのです。

幸いなことに、近年のデスクトップパブリッシングの進化は凄まじいものがあります。家庭用の安いプリンタでもアウトラインの滑らかな印字を実現できます。パソコンにバンドルされているofficeを使ってフルカラーのインクジェットプリンタで印刷するだけで、それなりのチラシなどが簡単に作れます。

 

部数が増えればコストを考えないといけない

印刷枚数が数枚から数十枚レベルであれば、時間的な面とコスト的な面など総合的に判断してパソコン制作で自宅のプリンタから出力するのが多くの場合で妥当といえます。

422997325

しかし、少し大きなイベントをやるとなれば話が変わってきます。数百枚のチラシやパンフレットを用意しようとすれば、煩雑さ・時間・費用の3点から自作では損になる可能性が高いのです。

家庭用プリンタのインクカートリッジ1本で印刷できる部数は、機種や原稿など諸条件で変わるとはいうものの、何枚印刷しても1枚あたりの単価が下がることはありません。用紙代も同じです。

ところが、印刷屋さんに外注すると、印刷部数が増えるほど1枚あたりの単価は下がります。つまり、まとまった印刷は外注したほうが得だということです。何枚から特になるかは、自分の使っているプリンタなどの環境で計算すればわかりますが、少なければ100枚程度から逆転が起こることもあります。

ここで注意が必要なのは、外注先を一般的な印刷屋さんではなくネット印刷にした方が良いということです。なぜなら、ネット印刷では営業経費をトコトンまで切り詰めて安価なサービスを提供する体制をとっているからです。

その分、街の印刷屋さんのように密な打ち合わせや臨機応変な対応は望めません。もっとも、簡単な印刷物の発注ですからパソコン上でちゃんと原稿を作っておけばクリアできる話でもあります。

227282167

ネット印刷業者にも高い安い、自分の環境で作った原稿が使える使えないがあります。しっかりとWEBで検討しましょう。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • パソコン
  • 仕事
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ