魚釣りをしよう!初心者が最低限必要な道具とは?

  • 2016/09/08
  • ライフスタイル
  • 61view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • レジャー
  • 趣味
  • 釣り

釣りは道具選びから

418386511
子どもの頃から釣りを趣味にしている男性は意外と多いものですが、逆に、小学生の頃に釣りを経験していなければ大人になって釣りをはじめる機会はそうそうないものです。

たまたま釣り堀に行ってはまるというケースもありますが、釣りの基本的な知識は身に着けておきたいものです。男の趣味の定番ともいえる「釣り」は、子どもと一緒に楽しめるほか、一度道具を揃えてしまえば大してお金がかからないため、コストパフォーマンスに優れた趣味と言えます。しかし、初めての人が道具をそろえるとなると、釣具店には価格も様々な道具が並んでおり、何を買えばよいのかさっぱり分かりません。

釣りは、釣る場所や季節、対象となる魚や時間帯など色々な条件によって「必要なもの」が変わります。大型釣具店で店員に高額なものを買わされたり必要もない道具に大金を払うことがない様に、ここでは、初めての人が揃えておいた方がよい最低限の釣り道具を紹介します。

 

釣り竿とリール

334667591
どこで釣りをする場合でも、どんな魚を釣るにしても、当たり前ですが、釣り竿とリールは最低限必要な道具です。竿とリールは値段もピンキリで、釣り具のなかでも最もお金をかけやすい部分にあたりますが、初心者のうちは、竿に糸がついたリールセットが1,000円から2,000円程度で購入できますが、このクラスのもので十分です。また、釣り竿はロッドと表記されることもあります。釣具店へ行くと「釣りたい魚別」に適したロッドが販売されているので、どこに何を釣りに行くかを基準に購入するのもよいでしょう。

 

エサ

77035468
通常はミミスなどの生きた虫を使います。ジャリメなどの生きたエサを釣りの当日に購入するのが一般的で、釣りスポットとなる海の近くには大抵釣りエサ店があったりします。
初心者や女性など、生きたミミズを触るのが苦手な場合、「ガルプ! サンドワーム」などのサンドワームを購入しておくとよいでしょう。生き餌にも劣らず、魚の食いつきがよく、種類も豊富です。500円~700円前後で購入できます。

 

仕掛け(タックル)

401532961
釣り竿とリールに、釣り糸、鈎(はり)、オモリやウキなどの小道具を組み合わせたものを仕掛けと呼びます。オモリやウキなどを単品で購入するのもよいですが、釣具店には豊富な種類の仕掛けセットが対象魚別に販売されているので、はじめはこうしたセットを購入するのがよいでしょう。

 

バケツ

215803120
初心者ほどバケツを購入するのを忘れがちです。おそらく「どうせ一匹も釣れないかもしれない」という思いがあるからでしょう。しかし、釣るために行くので、いざ釣れたときに魚を入れておく容器がないと放流するしかありません。必ずロープが付いたタイプのバケツを選ぶことをお勧めします。釣り場から海面までの距離があっても、投げ入れて水を汲むことができるからです。自宅にあるポリバケツにロープを巻き付けたものでも構いませんが、最近の折り畳み式のものは持ち運び時にはコンパクトに畳めるためオススメです。値段も数百円と手ごろなうえ、キャンプや洗車など、釣り以外にも使用できるため、買っておいて損はありません。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • レジャー
  • 趣味
  • 釣り

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ