一眼レフカメラ入門!シャッター速度の使いこなし編

  • 2016/06/12
  • ライフスタイル
  • 106view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • カメラ
  • ハウツー
  • 写真
  • 豆知識
  • 趣味

シャッター速度とは?

49003624

普段、カメラのシャッターは閉じています。写真を撮影するときだけシャッターが開き、イメージセンサーという場所に光が届くのです。
シャッター速度とは、シャッターが開いている時間のことを意味します。シャッタースピードともいいますね。
普通のカメラではこのシャッター速度をいじることができません。しかし、一眼レフカメラの場合、シャッター速度を任意に調整することが出来ます。
このシャッター速度を調整すると何ができるのかといえば、例えば、任意の時間だけシャッターを開けることで星座の動きを線のようにして撮影することが出来るのです。
逆に、高速で走る新幹線をまるで止まっているかのように撮影することも可能です。
シャッター速度をマスターすることで、一眼レフにしか撮影することのできない不思議な写真を撮ることが出来ます。

 

シャッター速度を速くすると?

339685646

シャッター速度というのは、1秒、1/2秒、1/4秒のようにシャッターが開く時間を速くすることを、シャッタースピードを1段速くするといいます。
1秒より短いときは「何分の1」と表示されます。
シャッター速度を速くする際の注意点としては、あまりにもシャッター速度が速いと十分に光を取り込めないことがあり、写真が暗くなってしまうことがある点です。
そのようなときは、光をより多く取り込むため、絞りを開きF値を小さくすればいいのです。
そして、シャッター速度を速くすると、その一瞬を撮影することが出来ます。例えば、ジャンプしている人を撮影するのであれば、ジャンプ中の動きを止めて撮影することが出来ます。

 

シャッター速度を遅くすると?

399279097

逆にシャッター速度を1秒、2秒、4秒のように、シャッターが開いている時間を遅くすることを、シャッタースピードを1段遅くするといいます。
夜景などを撮る際は、シャッタースピードを遅くすることで、光を多く取り込むことができますので、綺麗な夜景を撮影するには向いています。ただ、問題として手振れがより反映されやすくなりますので、三脚などを利用しての撮影を強くお勧めします。
また、シャッター速度が遅すぎると光を多く取り込んでしまいますので、写真が白くなってしまいがちです。注意をしましょう。
シャッター速度を遅くすると、動きのある写真を撮ることが出来ます。例えば、花火の大輪を撮影することもできますし、夜道を走る車などを撮影すればライトの線を撮ることが出来ます。
一眼レフならではの写真を撮る場合は、シャッター速度を遅くすればいいのですね。

 

明るい場所でシャッター速度を遅くするには?

日中の風景を、シャッター速度を遅くして撮影すると白くなってしまうので、NDフィルターというものを利用することで、強制的に取り込む光の量を抑えられます。
日中の雲の動きを撮影する際は、一工夫が必要です!

参照:デジタル一眼レフカメラ入門初心者講座/シャッター速度とは
参照:デジタル一眼レフカメラの基礎知識 – 露出 | Enjoyニコン | ニコンイメージング
参照:【一眼レフの基礎】絞りF値、シャッタースピードをマスターする

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • カメラ
  • ハウツー
  • 写真
  • 豆知識
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ