できるハイカーが守っているハイキングのマナー5か条

  • 2016/06/12
  • ライフスタイル
  • 104view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • マナー
  • レジャー
  • 娯楽
  • 自然
  • 趣味

公共交通機関利用の際には、リュックに気を付ける

2130990

駅を降りればすぐハイキングができる、そんなハイキングコースも少なくありません。
電車などの公共交通機関を利用する際には、リュックの置き場所に気をつけましょう。
混雑して来たら背負うのではなく、通路の脇や網棚の上に置きます。
ノルディックポールをリュックにつけている場合も、先端部分をむき出しにしないように。

 

 

ハイキング前に、靴底をきれいにする

240767893

最近、山での外来植物の侵入が多く報告されています。
その原因となっているのが、ハイカーの靴から零れ落ちた外来植物の種などです。
ハイキング前にはできるだけ靴底をきれいにして、家に帰ってからも靴底をきれいにするように心がけましょう。

 

 

道は譲り合おう

61909108

ハイキングコースは、さほど広くありません。
その広くないコースを、上る人もいれば降りる人もいます。
同じ上る人でもペースが違っていて当然です。
そんなときは、道を譲り合うようにしましょう。
降りる人よりも上る人を優先に通してあげて、ペースの速い人を先に行かせてあげられるように、周囲には常に気を配っておきましょう。
待つ際には、谷側ではなく山側で、リュックを相手に見せないようにしましょう。

 

 

周囲への気配りも忘れずに

141596785

寂しいからと言って、首から下げた携帯ラジオで音を出している人がいますが、これはマナー違反。
自然の音を聞きたい人にとって、ラジオの音は邪魔以外の何物でもないからです。
だからといって、ヘッドホンをつけてハイキングをするのは論外。
これでは、周囲からの声や落石の音に気付きにくくなってしまいます。

 

 

コース以外のショートカットをしない

110696291

登山道が混んでいるからと言って、あるいはハイキングコースから外れたところに美しい景色があるからと言って、コースを外れてショートカットをしてはいけません。
ショートカットによって貴重な自然が踏み荒らされてしまうからです。
また、ノルディックポールをコース以外で突くのもNGです。

参考:山のマナー 山のマナー向上のための13の約束 | 日本山岳遺産

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • マナー
  • レジャー
  • 娯楽
  • 自然
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ