趣味のおやじがプロを負かすことがあり得る種目は賭博成立の可能性アリ

  • 2016/05/26
  • ライフスタイル
  • 95view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 趣味
  • お金
  • ゴルフ
  • スポーツ
  • 賭け事
  • 趣味
  • 野球

プロとアマの間で趣味の賭けは成立するのか

どんな趣味であっても、それを趣味としてやっているアマチュアと、仕事としてやっているプロとの間には大きな力量差があるものでしょう。そこで疑問に感じることとして、プロゴルファーとサラリーマンゴルファーがゴルフ勝負で賭けをした場合にも賭博罪が適用されるのかと言う点があります。
240761002
photo story / Shutterstock.com
プロ棋士とアマ棋士でも、プロ野球選手とおじさん野球選手でも構いません。

普通に考えれば、どちらが勝つかは明白です。べつに、プロとアマという関係だけでなく、共通種目においてトップクラスの実力の持ち主と並の人となら同じことです。これでは賭けたとしても実質的には賭けとは呼べないし、賭博罪になるわけがない。と思いますか?

ところが、法的には賭博罪となる可能性が高いのです。

 

 

勝負に絶対はないという大原則

169058747

賭博罪となるためには、双方が危険負担をすることと結果に偶然性が関与することが必要です。加えて、賭けるものが一時の娯楽に供する限度を超える財物であることです。

・双方が危険負担…賭けの当事者がどちらも負けたときに負け分を払うこと
※インチキ花札などで初めから勝つ方が決まっている場合は詐欺罪の検討であって賭博罪には当たらない

 

・結果に偶然性が関与する…勝負は時の運と言われるように、偶然が結果を左右すること

 

・一時の娯楽に供する限度…会社員の昼食程度の物品
※現金など金銭は1円であっても限度を超える

 

身銭を切ったガチンコ勝負であれば双方が危険負担をしています。そして、賭けるものが現金であればその時点で額面もクリア。問題は偶然性の関与です。

プロとアマでは賭博にならないと言う意見の根拠がここにあると言えるでしょう。その力量差の前には偶然で結果が変わることなどあり得ないと言う判断です。本当にそうでしょうか?

ゴルフなどは風や雨などの天候に影響されると言われます。しかも、プレーを通じて一定ではありません。その一打の瞬間に強風が吹いてプロの玉がOBに!
誰がないと言い切れますか?

62833693

八百長・詐欺の類でなければ強いほうが勝つとは限らないのが勝負であり、だからこそ賭博罪になり得るのです。
くれぐれも、力量差があるから大丈夫だと賭けをすることがないようにしてください。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • お金
  • ゴルフ
  • スポーツ
  • 賭け事
  • 趣味
  • 野球

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ライフスタイルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ